野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武に12球団最大級“新道場” 球団フロントの思い「打撃の強さにつながるのでは」

西武の本拠地、メットライフドームエリアは改修工事が進められているが、この度、新しい選手寮、室内練習場が完成した。新施設の建築に携わった球団本部本部長補佐、広池浩司氏にそれぞれの施設でこだわったところや新施設への思いを聞いた。

二軍施設を紹介する西武の球団本部本部長補佐・広池浩司氏【写真提供:埼玉西武ライオンズ】
二軍施設を紹介する西武の球団本部本部長補佐・広池浩司氏【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

本拠地をイメージできる練習環境に打撃レーンは4か所、最新映像機器も設置

 西武の本拠地、メットライフドームエリアは改修工事が進められているが、この度、新しい選手寮、室内練習場が完成した。新施設の建築に携わった球団本部本部長補佐、広池浩司氏にそれぞれの施設でこだわったところや新施設への思いを聞いた。

 新施設を建築するにあたり一番こだわったところは、室内練習場に広い空間を創出することだ。これまでは、マシンでバッティング練習ができる場所は2か所しかなく、時間によっては順番待ちの列ができていた。

「広さは12球団有数だと思います。50メートル四方のスペースの中にダイヤモンドがすっぽり入っています。人工芝もメットライフドームと全く一緒で、アンツーカーも同じです。そのため、ファームにいるときから、メットライフドームをイメージできる練習環境が整っています。バッティングレーンは4か所あります。ブルペンは5か所あり、うち1か所にはトラックマンと、フォームを数秒遅れで映像で確認できる装置を設置予定で、自分の感覚と客観的な数字を確認しながら練習することができます」

 さらに、現在の寮の跡地にサブグラウンドを設置し、投手が自分の投球に集中できる環境を整える。

「バッティング練習をしていると、ピッチャーはボールを避けながら練習しなければいけません。私たちのチームの課題は投手の育成です。1つ1つの練習に集中できる環境ができるのは、投手力の育成には大きいと思います」

 また、ファンが練習を見学できるスペースも新たに設けられ、親近感を持って選手を応援してほしいと広池氏は話す。
「キャンプではファンの方に近くで見ていただけることはありましたが、ファームの施設にはそのスペースがありませんでした。頑張っている選手を『1軍で活躍してくれたら』という気持ちで応援してもらえたらと思います。選手も『見られる』という緊張感をもって練習して欲しいです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」