野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・千賀、6回6安打4失点で降板 リード奪われ、4連敗中のチーム救えず

ソフトバンクの千賀滉大投手が6回6安打4失点で降板となった。今季ワーストの4連敗で迎えた敵地・楽天生命パークでの楽天戦。5回に茂木に先制のソロを浴びると、この回4安打を集中されて4点を失い、リードを奪われたまま降板となった。

ソフトバンク・千賀滉大【画像:(C)PLM】
ソフトバンク・千賀滉大【画像:(C)PLM】

5回に茂木のソロなど4安打で4点を失う

■楽天 – ソフトバンク(19日・楽天生命パーク)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの千賀滉大投手が6回6安打4失点で降板となった。今季ワーストの4連敗で迎えた敵地・楽天生命パークでの楽天戦。5回に茂木に先制のソロを浴びると、この回4安打を集中されて4点を失い、リードを奪われたまま降板となった。

 2回までに3つの四球を与え、序盤から制球に苦しんでいた千賀。4回まで6個の三振を奪って踏ん張っていたものの、5回に崩れた。1死から茂木に先制のソロ本塁打を被弾すると、島内に右中間への三塁打と自身の暴投で2点目を失った。

 さらに四球とブラッシュの内野安打で2死一、二塁とされ、銀次に右中間への2点適時二塁打を食らった。5回で112球に達した千賀だったが、6回も続投。この回2つの三振を奪って、無失点に切り抜けたものの、打線の援護はなし。6回、122球を投げて6安打4四球8奪三振で4失点で降板となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」