野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

楽天美馬、快挙ならず… 8回まで完全も、あとアウト3つで明石に四球、栗原に安打許す

楽天の美馬学投手が、快挙達成を目前で逃した。19日、本拠地・楽天生命パークで行われたソフトバンク戦。先発マウンドに上がった美馬は8回まで1人の走者も許さない好投を見せ、史上16人目の快挙にあとアウト3つまで迫ったが、明石に四球を許した。

楽天・美馬学【画像:(C)PLM】
楽天・美馬学【画像:(C)PLM】

6回先頭の明石の打球は二塁手・浅村がファインプレー

■楽天 – ソフトバンク(19日・楽天生命パーク)

【動画】「僕もあんな球を投げてみたい」 MLBの“鬼才”右腕がソフトバンク・千賀のフォークを大絶賛

 楽天の美馬学投手が、快挙達成を目前で逃した。19日、本拠地・楽天生命パークで行われたソフトバンク戦。先発マウンドに上がった美馬は8回まで1人の走者も許さない好投を見せ、史上16人目の快挙にあとアウト3つまで迫ったが、明石に四球を許した。

 初回、上林を中飛、牧原を三ゴロ、内川を遊直に打ち取ると、快調にアウトを積み重ねていく。2回、3回と2つずつの三振を奪い3者凡退に仕留めると、4回、5回も3者凡退に仕留めた。

 6回先頭の明石の中前へと抜けようかという打球は、二塁手・浅村の好プレーで二ゴロに打ち取ると、 7回先頭の上林を詰まらせたファウルゾーンへの飛球には、この回から三塁に入った村林がダイビングキャッチ。これをアウトにすると、8回も3人で仕留めて大記録にあと1回となった。

 だが、9回先頭の明石に四球を与え、完全試合はならず。まだノーヒットノーランは続いていたが、続く栗原に左前安打を許して快挙達成は逃すことになった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」