野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

広島會澤、自力V消滅危機を救う逆転弾 最大5点差も「諦めないで粘れた」

広島の會澤翼捕手が20日の巨人戦(マツダスタジアム)で逆転本塁打を放ち、チームを自力優勝消滅の危機から救った。4回までに0-5と劣勢の展開から小刻みな反撃で1点差とした8回、3番手のマシソンから逆転9号2ランを放った。

広島・會澤翼【写真:荒川祐史】
広島・會澤翼【写真:荒川祐史】

1点を追う8回1死三塁でマシソンから逆転9号2ラン

■広島 7-6 巨人(19日・マツダスタジアム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 広島の會澤翼捕手が20日の巨人戦(マツダスタジアム)で逆転本塁打を放ち、チームを自力優勝消滅の危機から救った。4回までに0-5と劣勢の展開から小刻みな反撃で1点差とした8回、3番手のマシソンから逆転9号2ランを放った。

2点を追う8回。松山の適時二塁打で1点差に追い上げ、なおも1死3塁の場面だった。「すごくいいピッチャーだし、集中力を持って打席に入った。なんとか同点に追いつこうというバッティングだった」という會澤の一打はライトへ高々と上がった。打った本人が「よっしゃ、外野フライ(で同点)だ」と思ったという打球は、スタンドギリギリに届いた。「ホームランの手応えは全くなかった。(コーチャーズボックスの廣瀬)純さんを見て、やっとホームランだと分かった」と周囲を笑わせた。

 不振に苦しむチームで、リーダー的存在として苦悩の日々を送っていた。負ければ自力優勝消滅危機の試合だったが、會澤は「1点ずつ、それがカープの野球。今日はそれができた」と安堵した。首位巨人とはまだ11ゲーム差と苦しい状況は変わらない。「それなりのプレッシャーはあるが、その中で諦めないで粘ることはできた。みんなの力だと思う」と前を向いた。チームの窮地を救った選手会長は「選手はみんな一生懸命、頑張っているし、応援してくれるファンもたくさんいる。まだまだ試合は続くが、これを機にチームが上がっていければいい」と、残り試合での反攻を誓った。

(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」