野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「自分が怖い」2打席連発の慶大・郡司が侍ジャパン大勝に貢献…日米大学野球

第43回日米大学野球選手権大会(全日本大学野球連盟、読売新聞社主催)の第4戦が20日、福島・ヨーク開成山スタジアムであり、「6番・DH」の郡司裕也捕手(慶大)が2打席連続のソロ本塁打を放って今大会初スタメンの起用に応えた。侍ジャパンは4本塁打を含む12安打を放って9-1で大勝。3年ぶりの優勝をかけ、21日の最終第5戦(神宮)に臨む。

2本塁打と躍動した侍ジャパン大学代表・郡司裕也【写真:Getty Images】
2本塁打と躍動した侍ジャパン大学代表・郡司裕也【写真:Getty Images】

ようやく回ってきた出番に驚きの“2発回答”

 第43回日米大学野球選手権大会(全日本大学野球連盟、読売新聞社主催)の第4戦が20日、福島・ヨーク開成山スタジアムであり、「6番・DH」の郡司裕也捕手(慶大)が2打席連続のソロ本塁打を放って今大会初スタメンの起用に応えた。侍ジャパンは4本塁打を含む12安打を放って9-1で大勝。3年ぶりの優勝をかけ、21日の最終第5戦(神宮)に臨む。

侍ジャパンの経験が自らの意識を変えた 山岡泰輔「自分自身のレベルアップの場」
(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 チームに生まれた怒涛の勢いに乗るように、気持ちよくバットを振り抜いた。3回に4点を先制した直後の4回。先頭の郡司は、全力疾走しながら右中間への打球のスタンドインを見届け、走る速度を緩めた。さらに同じく先頭で迎えた6回、今度は左中間へのソロ。「自分が怖いです」。大勝に導く2連発に、試合後のヒーローインタビューでそうおどけてみせた。

 第3戦まで代打で2試合に出場したのみで、快音はなかった。負ければ米国の優勝が決まる第4戦。生田勉監督から「今までベンチの中で溜めてきたアドレナリンを爆発させてほしい」とカンフル剤の役割を期待され、スタメンに名を連ねた。これまでのベンチでの時間も無駄にせず、相手投手の傾向を分析。「ストレートに力がある。始動を早くして前でさばく」。ようやく回ってきた出番に、驚きの“2発回答”だった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」