野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

田中将大、日本人投手5人目の日米通算170勝! 6回7安打5失点で今季7勝目

ヤンキースの田中将大投手は20日(日本時間21日)、本拠地のロッキーズ戦で先発し、6回7安打5失点。今季7勝目(5敗)を挙げ、日米通算170勝(NPB99勝、MLB71勝)をマークした。

本拠地でのロッキーズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
本拠地でのロッキーズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

酷暑の中で6回に一挙5失点も6回7安打5失点 防御率4.00

■ヤンキース 11-5 ロッキーズ(日本時間21日・ニューヨーク)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースの田中将大投手は20日(日本時間21日)、本拠地のロッキーズ戦で先発し、6回7安打5失点。今季7勝目(5敗)を挙げ、日米通算170勝(NPB99勝、MLB71勝)をマークした。

 ニューヨークは気温35度と厳しい暑さの中での投球となった。初回から2イニング連続で3者凡退。キレのあるスライダー、スプリットで打たせて取る投球を見せ、5回まで2安打無失点に抑えた。6回に1死二塁からストーリーの適時二塁打を浴び、同一、三塁からはアレナドに中越え22号3ランを献上。1四球を挟んで一挙5連打5失点したが、味方の大量得点に守られた。6回85球(ストライク56球)を投げ、3奪三振1四球、7安打5失点だった。防御率4.00。

 チームは1点リードした2回に3四球に5安打を集めて一挙5得点。後半戦初の2桁11得点を挙げ、5連勝を飾った。チームの貯金31。田中は6月11日の本拠地メッツ戦から4連勝し、今季7勝目(5敗目)。日米通算では岩隈久志(現巨人)、松坂大輔(現中日)に並ぶ170勝をマークした。

 日米通算の勝利数は以下の通り。

1.黒田博樹 203勝(NPB124勝、MLB79勝)

2.野茂英雄 201勝(NPB78勝、MLB123勝)

3.岩隈久志 170勝(NPB107勝、MLB63勝)

3.松坂大輔 170勝(NPB114勝、MLB56勝)

3.田中将大 170勝(NPB99勝、MLB71勝)

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」