野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、日米通算170勝も6回一挙5失点を反省「あそこまで傷口を広げてしまうのは…」

田中将大、日米通算170勝も6回一挙5失点を反省「あそこまで傷口を広げてしまうのは…」

ヤンキースの田中将大投手は20日(日本時間21日)、本拠地のロッキーズ戦で先発し、6回7安打5失点。今季7勝目(5敗)を挙げ、日米通算170勝(NPB99勝、MLB71勝)をマークした。

本拠地でのロッキーズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】
本拠地でのロッキーズ戦に先発登板したヤンキース・田中将大【写真:AP】

5回まで2安打無失点も6回に1四球を挟んで5連打5失点「スプリットが良くなかった」

■ヤンキース 11-5 ロッキーズ(日本時間21日・ニューヨーク)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 田中将大を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースの田中将大投手は20日(日本時間21日)、本拠地のロッキーズ戦で先発し、6回7安打5失点。今季7勝目(5敗)を挙げ、日米通算170勝(NPB99勝、MLB71勝)をマークした。

 ニューヨークは気温35度と厳しい暑さの中での投球となった。初回から2イニング連続で3者凡退。キレのあるスライダー、スプリットで打たせて取る投球を見せ、5回まで2安打無失点に抑えた。6回に1死二塁からストーリーの適時二塁打を浴び、同一、三塁からはアレナドに中越え22号3ランを献上。1四球を挟んで一挙5連打5失点したが、味方の大量得点に守られた。6回85球(ストライク56球)を投げ、3奪三振1四球、7安打5失点だった。防御率4.00。

 田中は6月11日(同12日)の本拠地メッツ戦から4連勝し、今季7勝目(5敗目)。日米通算では岩隈久志(現巨人)、松坂大輔(現中日)に並ぶ170勝をマークした。それでも、右腕は5失点した6回の投球を反省。地元放送局「YESネットワーク」の取材に対し、「あの回、あのイニングはやはりスプリットは良くなかったです。イニングの途中でも修正はできなかった部分はありました。でも、どういった形であれ、あそこまでやはり傷口を広げてしまうのはいけなかったことだと思うので。あそこの失点の部分では、最小限に、なんとしてでも食い止めたかったところです」と答えた。

 チームは1点リードした2回に3四球に5安打を集めて一挙5得点。後半戦初の2桁11得点を挙げ、5連勝を飾った。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」