野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日米大学野球第5戦 侍J先発は3登板目の明大エース・森下 勝った方がV

第43回日米大学野球選手権大会(全日本大学野球連盟、読売新聞社主催)の第5戦が21日、神宮球場で行わる。両チームのスタメンが発表となり、侍ジャパンは今秋ドラフト1位候補右腕の明大・森下暢仁投手が今大会3度目の先発マウンドを託された。

侍ジャパン大学代表・森下暢仁【写真:Getty Images】
侍ジャパン大学代表・森下暢仁【写真:Getty Images】

日本は2016年以来のVに挑む

 第43回日米大学野球選手権大会(全日本大学野球連盟、読売新聞社主催)の第5戦が21日、神宮球場で行わる。両チームのスタメンが発表となり、侍ジャパンは今秋ドラフト1位候補右腕の明大・森下暢仁投手が今大会3度目の先発マウンドを託された。

侍ジャパンの経験が自らの意識を変えた 山岡泰輔「自分自身のレベルアップの場」
(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 森下は第1戦は5回9奪三振無失点で勝利。第3戦は5回2失点も打線が1安打無得点に封じられ、敗戦した。ここまで対戦成績は2勝2敗。勝利した方が優勝とあり、3大会続けて、JAPANのユニホームを着る“エース”に大きな期待がかかる。

 打線は第4戦で2打席連続の本塁打を放った郡司裕也(慶大)が5番・DHで先発出場。4番にはこの日も中大の牧秀悟が入った。スタメンは以下の通り。

【日本】
1(左)宇草孔基(法大)
2(遊)児玉亮涼(九州産業大)
3(右)柳町達(慶大)
4(二)牧秀悟(中大)
5(指)郡司裕也(慶大)
6(一)佐藤都志也(東洋大)
7(捕)海野隆司(東海大)
8(中)丸山和郁(明大)
9(三)篠原涼(筑波大)
投手 森下暢仁(明大)

【米国】
1(中)L・ダン
2(三)L・ワデル
3(一)S・トルケルソン
4(右)H・キースタッド
5(指)A・マーティン
6(左)T・アレン
7(二)J・フォスキュー
8(捕)P・ベイリー
9(遊)A・ウィリアムズ
投手 D・ニカイジー

(Full-Count編集部)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」