野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人、初回から打線爆発 3連続適時打など5安打集中で4点先制

巨人打線が初回から大爆発した。23日、京セラドームで主催したヤクルト戦。岡本、亀井、陽岱鋼の3者連続適時打などで幸先良く4点を先制した。

巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】
巨人・原辰徳監督【写真:Getty Images】

岡本、亀井、陽岱鋼の中軸が3連続タイムリー

■巨人 – ヤクルト(23日・京セラドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 巨人戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 巨人打線が初回から大爆発した。23日、京セラドームで主催したヤクルト戦。岡本、亀井、陽岱鋼の3者連続適時打などで幸先良く4点を先制した。

 ヤクルト先発のブキャナンをあっさりと攻略した。先頭の若林が左前安打で出塁すると、坂本勇が四球で続く。1死となってから岡本が右前適時打、亀井は遊撃への適時内野安打、陽岱鋼が左前適時打と3連続適時打で3点を先制した。

 さらに大城のボテボテの打球はブキャナン、一塁の村上、二塁の山田の間へと転がり、内野安打に。満塁となると、小林が押し出しの死球を受けて4点目。この回、打者9人で5安打を集中し、いきなり4点を先行した。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」