野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

佐々木朗希、圧巻の2安打15K完封 最速157キロ 大船渡は35年ぶり甲子園へあと1つ

第101回全国高等学校野球選手権大会岩手県大会は24日、準決勝2試合が行われ、“令和の怪物”佐々木朗希投手擁する大船渡は一関工に5-0で勝利し、決勝進出を決めた。佐々木は「4番・投手」で先発すると、9回まで投げ抜き2安打完封を飾った。この日の最速は157キロだった。

大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】
大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

佐々木は「4番・投手」で先発し、一関工打線をわずか2安打に封じ込める

 第101回全国高等学校野球選手権大会岩手県大会は24日、準決勝2試合が行われ、“令和の怪物”佐々木朗希投手擁する大船渡は一関工に5-0で勝利し、決勝進出を決めた。佐々木は「4番・投手」で先発すると、9回まで投げ抜き2安打完封を飾った。この日の最速は157キロだった。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 初回1死ニ、三塁で佐々木自ら先制の適時内野安打を放つなど、いきなり2点を先制。2回には内野ゴロの間に1点を加え、3回には木下の適時二塁打で追加点を奪ってリードを広げた。

 このリードを佐々木が守り抜いた。序盤から一関工打線を相手に圧巻の投球を披露。最速157キロをマークした真っ直ぐを軸に相手の攻撃をねじ伏せた。2回に岩渕健、4回に金子に単打を許したが、安打はこの2本だけ。9回を投げて、2安打15奪三振の圧巻の投球で完封勝利を飾った。

 大船渡は決勝進出を決め、第1試合で勝利した花巻東と甲子園出場をかけて戦う。大船渡は1984年に夏の甲子園出場を果たしており、35年ぶり2度目の夏の甲子園出場へあと1つとした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」