野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹が3連勝で今季初ロッテに勝ち越し 前日プロ初本塁打の代打・栗原が決勝打

ソフトバンクが接戦を制して3連勝とした。24日、本拠地ヤフオクドームでのロッテ戦。同点で迎えた8回に栗原が値千金の勝ち越し適時三塁打を放って接戦に終止符を打った。

ソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・栗原陵矢【写真:藤浦一都】

ロッテはレアードが初回に満塁弾を放ったものの、その後得点が奪えず

■ソフトバンク 5-4 ロッテ(24日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクが接戦を制して3連勝とした。24日、本拠地ヤフオクドームでのロッテ戦。同点で迎えた8回に栗原が値千金の勝ち越し適時三塁打を放って接戦に終止符を打った。

 初回、先発の松本裕がレアードに満塁弾を浴びていきなり4点のビハインドを背負った。だが、2回に1死満塁の絶好機を作ると、牧原、今宮の連続適時打で3点を返した。4回には再び今宮が適時打を放って同点に追いつくと、8回に明石が中前安打で出塁すると、前日にプロ初本塁打を放っていた代打・栗原が右中間を破る適時三塁打。これが決勝打となった。

 先発の松本裕は初回にレアードにグランドスラムを浴びたが、その後は粘りの投球で5回途中まで6安打4失点。5回2死三塁のピンチを嘉弥真が凌ぐと、そのあとは高橋純、椎野、甲斐野、森のリレーで逃げ切った。カード2連勝で、今季、苦手としていたロッテ戦は初の勝ち越しとなった。

 ロッテは2連敗となり、後半戦は3カード連続で負け越しに。初回レアードの満塁弾で幸先よく4点を先制したが、その後の追加点が奪えず。先発の涌井が7回8安打4失点。同点で迎えた8回に石川が勝ち越し点を奪われた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」