野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

復帰後は2連勝 鷹・今宮に宿る存在感、語った離脱中の胸中「1日でも早く戻りたい一心」

ソフトバンクの今宮健太内野手は24日、本拠地ヤフオクドームでのロッテ戦で2打席連続のタイムリーで3打点を記録。ロッテ戦の連勝に大きく貢献した。

ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・今宮健太【写真:藤浦一都】

「戻って貢献できてホッとしています」

■ソフトバンク 5-4 ロッテ(24日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの今宮健太内野手は24日、本拠地ヤフオクドームでのロッテ戦で2打席連続のタイムリーで3打点を記録。ロッテ戦の連勝に大きく貢献した。

 1ヵ月ぶりの1軍復帰となった23日には初回に先制の10号本塁打。そしてこの日は第2打席、第3打席でタイムリーを放って3打点。いきなり4点のビハインドを背負った試合を振り出しに戻し、復帰後初のお立ち台に上がった。

「チームが勝てたことが一番ですよ」と控えめに語った今宮。最初のタイムリーを「牧原(大成)がつないでくれたので最低でも1点と思って、初球からいったのが良かったです」と振り返ると、4回の技ありの同点打には「たまたまですよ。お立ち台で言ったとおり、ファンの皆さんが打たせてくれたヒットです」とした。そして、栗原陵矢が決めて森唯斗が締める劇的な逆転勝利に「この1勝はいい1勝じゃないかな」とほほ笑んだ。

 今宮がファームで調整を進める間にチームは今季最長の6連敗を記録。「ゆっくりできない。1日でも早く戻りたいという一心でリハビリに励んでいました」という今宮は、チームが仙台で何とか連敗を止めて福岡に戻ったタイミングでの合流となった。

 復帰してからチームは2連勝。「戻って貢献できてホッとしています。勝ち続ければ(連敗したことは)忘れられる。1勝を積み重ねていって最終的にリーグ優勝できればいいと思います。(シーズンの)残りは51試合。長いようで短いし、ここからが大事。もう(故障で)筑後に行くことなく粘りたいです」。戻って来た頼もしい若きリーダーが、ここからチームをけん引していく。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」