野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 6校が聖地へ 大船渡は佐々木投げずに敗退、横浜敗退の波乱も…25日の高校野球

6校が聖地へ 大船渡は佐々木投げずに敗退、横浜敗退の波乱も…25日の高校野球

第101回全国高等学校野球選手権大会は25日、各地で地方大会が行われた。新たに6地区で甲子園出場校が決定。神奈川大会では4連覇を目指した横浜が県相模原に5点差を逆転されて準々決勝で姿を消す波乱があった。

大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】
大船渡・佐々木朗希【写真:荒川祐史】

横浜は県相模原に5点差を逆転され敗退、大阪桐蔭と履正社が8強進出

 第101回全国高等学校野球選手権大会は25日、各地で地方大会が行われた。新たに6地区で甲子園出場校が決定。神奈川大会では4連覇を目指した横浜が県相模原に5点差を逆転されて準々決勝で姿を消す波乱があった。

 最速163キロの右腕・佐々木朗希投手を擁し、注目を集めていた大船渡は岩手大会の決勝で花巻東に2-12で大敗。佐々木は最後までマウンドに上がらず、ベンチで敗戦の瞬間を見届けた。花巻東は2年連続10度目の甲子園出場となった。

 千葉大会では春の選抜準優勝校の習志野が八千代松陰を8-1と圧倒し春夏連続出場。夏は8年ぶり9度目の甲子園出場となった。茨城大会では霞ヶ浦が常磐大を投打で圧倒。14-0の大勝で4年ぶり2度目の甲子園出場を決めた。

 福井大会では敦賀気比が丹生に3-0で勝利し、2年連続9度目の優勝。佐賀大会では佐賀北が17年ぶりの優勝を目指した鳥栖を4-1で下し、5年ぶり5度目となる聖地への切符を掴んだ。熊本大会では熊本工が6年ぶり21回目のV。9回に2点を勝ち越し、九州学院の熱戦を7-5で制した。

 神奈川大会では、優勝候補の横浜がノーシードの県相模原に5点差を逆転されて6-8で敗れる波乱。5回までに5点を先行したが、7回に県相模原の猛攻を受けた。プロ注目のエース左腕・及川を投入したものの同点に追いつかれ、直後の8回に1点を勝ち越すも、その裏に3点を失い逆転負けを喫した。

 また、大阪大会では5回戦が行われ、大阪桐蔭が10-4で阪南大、履正社は7-0で岸和田を下し、8強進出を決めた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」