野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

奪三振王の称号は誰の手に? 巨人の“4連覇”を止めるDeNA左腕に注目【セ編】

セ・リーグの奪三振王争いは、今季、新たな顔ぶれが参入して、混戦模様となっている。過去5年間のセ・リーグの奪三振王。率は奪三振率(9回当たりの奪三振数)

DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】
DeNA・今永昇太【写真:荒川祐史】

昨年まで菅野、マイコラス、菅野と巨人が3年連続奪三振王を獲得

 セ・リーグの奪三振王争いは、今季、新たな顔ぶれが参入して、混戦模様となっている。過去5年間のセ・リーグの奪三振王。率は奪三振率(9回当たりの奪三振数)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

2014年 メッセンジャー(神)226奪三振(208.1回 率9.76)
2015年 藤浪晋太郎(神)221奪三振(199回 率9.99)
2016年 菅野智之(巨)189奪三振(183.1回 率9.28)
2017年 マイコラス(巨)187奪三振(188回 率8.95)
2018年 菅野智之(巨)200奪三振(202回 率8.91)

 過去5年、奪三振王は巨人、阪神の投手から出ていた。奪三振率は9前後。パ・リーグの奪三振王に比べればやや見劣りする。今季は過去5年で2回奪三振王になっている巨人の菅野が不振なこともあって、奪三振王争いは混戦気味だ。

○今季のパ・リーグ奪三振10傑

1 今永昇太(デ)128奪三振(119回 率9.68)
2 山口俊(巨)120奪三振(112.2回 率9.59)
3 大野雄大(中)110奪三振(115.2回 率8.56)
4 柳裕也(中)101奪三振(109.1回 率8.31)
5 大瀬良大地(広)95奪三振(109.2回 率7.8)
6 ジョンソン(広)84奪三振(94回 率8.04)
7 小川泰弘(ヤ)81奪三振(99回 率7.36)
8 ロメロ(中)80奪三振(88.1回 率8.15)
9 菅野智之(巨)79奪三振(89.1回 率7.96)
10 西勇輝(神)74奪三振(110.1回 率6.04)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」