野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

奪三振王の称号は誰の手に? ソフトバンク千賀が驚異のペースで圧倒【パ編】

奪三振王は、本格的なパワーピッチャーに与えられるタイトルだといってよい。今季のパ・リーグでは、タイトル争いに大きな変化が起こっている。

ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・千賀滉大【写真:荒川祐史】

昨年までは楽天の則本が5年連続で奪三振王を獲得

 奪三振王は、本格的なパワーピッチャーに与えられるタイトルだといってよい。今季のパ・リーグでは、タイトル争いに大きな変化が起こっている。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 過去5年間のパ・リーグの奪三振王。率は奪三振率(9回当たりの奪三振数)

2014年 則本昂大(楽)204奪三振(202.2回 率9.06)
2015年 則本昂大(楽)215奪三振(194.2回 率9.94)
2016年 則本昂大(楽)216奪三振(195回 率9.97)
2017年 則本昂大(楽)222奪三振(185.2回 率10.76)
2018年 則本昂大(楽)187奪三振(180.1回 率9.33)

 2013年にデビューした楽天の則本が、2年目から5年連続でタイトルを獲得。この間、大谷翔平(日ハム、現エンゼルス)や菊池雄星(西武、現マリナーズ)などと激しい奪三振王争いをしていたが、9を超える高い奪三振率で最後はタイトルを獲得していた。

 しかし今季は、則本が3月に右肘のクリーニング手術を受けて4か月間欠場、奪三振王戦線は大きく変化した。

○今季のパ・リーグ奪三振10傑

1 千賀滉大(ソ)146奪三振(111回 率11.84)
2 有原航平(日)114奪三振(111回 率9.24)
3 山岡泰輔(オ)103奪三振(115.1回 率8.04)
4 山本由伸(オ)91奪三振(100.2回 率8.14)
5 二木康太(ロ)89奪三振(95回 率8.43)
6 涌井秀章(ロ)80奪三振(95.2回 率7.53)
7 今井達也(西)76奪三振(98回 率6.98)
8 松井裕樹(楽)74奪三振(46.2回 率14.37)
9 大竹耕太郎(ソ)71奪三振(103.2回 率6.16)
10 美馬学(楽)70奪三振(91回 率6.92)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」