野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

鷹・千賀、今季ワースト6失点 吉田正の2連発含む3発浴び、7回で降板

ソフトバンクの千賀滉大投手が、今季ワーストの6失点で降板した。26日、本拠地ヤフオクドームでのオリックス戦。吉田正に2打席連続の本塁打を浴びるなど、7回を投げて今季ワーストの6失点を喫した。

オリックス戦に先発登板したソフトバンク・千賀滉大【画像:(C)PLM】
オリックス戦に先発登板したソフトバンク・千賀滉大【画像:(C)PLM】

初回に先制2ラン、3回にはソロと吉田正に2打席連発許す

■ソフトバンク – オリックス(26日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ソフトバンクの千賀滉大投手が、今季ワーストの6失点で降板した。26日、本拠地ヤフオクドームでのオリックス戦。吉田正に2打席連続の本塁打を浴びるなど、7回を投げて今季ワーストの6失点を喫した。

 いきなり出鼻をくじかれた。初回、1死一塁で逆球となった真っ直ぐを吉田正に左中間スタンドに運ばれた。先制の2ランを浴びると、3回にも甘くなったスライダーを右翼ホームランテラス席へと運ばれソロ本塁打とされた。さらに自身のエラーが絡んで3回までに4点を失った。

 6回には先頭のロメロに左翼スタンドへのソロ本塁打を浴びて、この日3被弾目。7回には2死二塁でベンチは吉田正を申告敬遠で歩かせたが、続くモヤに痛い中前適時打を浴びた。千賀は7回を投げて、7安打3本塁打で6失点で降板となった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」