野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム猛打3連勝! 後半戦8勝1敗で首位ホークスに1.5差 西武4位転落

日本ハムは26日、メットライフドームで行われた西武戦で12-7で打ち勝ち、3連勝を飾った。後半戦は8勝1敗の快進撃。首位・ソフトバンクとの1.5ゲーム差とした。敗れた西武は4位に転落した。

プロ1号をマークした日本ハム・平沼翔太【画像:(C)PLM】
プロ1号をマークした日本ハム・平沼翔太【画像:(C)PLM】

最大7点差を追いつかれながらも14安打12得点 中村2発で現役最多404本塁打も

■日本ハム 12-7 西武(26日・メットライフ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは26日、メットライフドームで行われた西武戦で12-7で打ち勝ち、3連勝を飾った。後半戦は8勝1敗の快進撃。首位・ソフトバンクとの1.5ゲーム差とした。敗れた西武は4位に転落した。

 1点リードの2回に平沼のプロ1号ソロ、近藤の3点二塁打、中田の22号2ランで一挙6得点。投手陣の乱調で一時は最大7点リードを追いつかれたものの、6回に渡邉の勝ち越し3点三塁打、石井の適時二塁打などで再び4点のリードを奪った。西川、大田の1、2番がいずれも猛打賞の活躍。終わってみれば14安打12得点で打ち勝った。

 西武は中村が2回に3試合連発となる18号ソロを放つと、5回には19号2ラン。巨人・阿部慎之助(402本塁打)を抜いて現役最多404本塁打とした。一時7点差を追いつきながらも、投手陣が炎上。楽天が勝ったため4位に転落した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」