野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 東海大相模が4年ぶり11度目の夏の甲子園! 決勝戦で5本塁打24得点と打線爆発

東海大相模が4年ぶり11度目の夏の甲子園! 決勝戦で5本塁打24得点と打線爆発

第101回全国高等学校野球選手権大会は28日、各地で地方大会が行われ、神奈川大会決勝で東海大相模が24-1の大勝で日大藤沢を下し4年ぶり11度目の夏の甲子園出場を決めた。

東海大相模が4年ぶり11度目の出場を決めた
東海大相模が4年ぶり11度目の出場を決めた

東海大相模は4年ぶり11度目の夏の甲子園出場を決めた

 第101回全国高等学校野球選手権大会は28日、各地で地方大会が行われ、神奈川大会決勝で東海大相模が24-1の大勝で日大藤沢を下し4年ぶり11度目の夏の甲子園出場を決めた。

 東海大相模は打線が爆発。2回に1点を奪い先制すると3回には遠藤の2ランなどで6点を追加、さらに4回には鵜沼、山村、西川が一発を放ち1イニング3本塁打。その後も打線は手を止めず1試合5本塁打、24得点を挙げ大勝した。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」