野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「鷹の祭典」は3発13安打9得点の快勝締め 工藤監督「先制点が大きかった」

28日、ソフトバンクは快勝で最下位オリックス相手の同一カード3連敗を免れるとともに、本拠地での「鷹の祭典」最終日を3発13安打9得点というド派手な打撃ショーで締めくくった。

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

6回の守りから栗原を左翼の守備へ「いずれ使いたいと」

■ソフトバンク 9-2 オリックス(28日・ヤフオクドーム)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 28日、ソフトバンクは快勝で最下位オリックス相手の同一カード3連敗を免れるとともに、本拠地での「鷹の祭典」最終日を3発13安打9得点というド派手な打撃ショーで締めくくった。

 ソフトバンクは初回に松田宣浩の2点タイムリー、2回に甲斐拓也のタイムリーで3点のリードを奪うと、そこから2回に上林誠知、3回にデスパイネ、4回に今宮健太と3イニング連続の2ラン共演。大量援護をもらったミランダは6回を3安打無失点に抑えて4勝目を挙げた。

 試合後の工藤公康監督は「先制点が大きかったですね。松田くんは2アウトから粘り強く追いかけてよく打ってくれました。(その前の)内川くんも(竹安との)相性なのかよく打ってくれたと思います」と初回の2点を振り返った。

 2回の上林の2ランについても「逆方向に出たのが良かったですね。これで調子が上がってくれればいいと思います」と称賛。また、5回に代走として出場した栗原陵矢を6回の守りから左翼守備に就かせるなど、新たなオプションも試した。

「いずれ使いたいという思いはありましたが、こういう日に使えてよかったと思います。長谷川君がフルにということではないので、いろんなバリエーションを作りたかったというのはあります。普通にやっていたと思いますし、自信にしてくれたらいいですね」

 またミランダについては「今日はボールも走っていましたし、ストレートのコントロールも良かった。次につながると思います」と称えた。

(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」