野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 明石商、土壇場9回に4点奪い逆転勝ち! 2年連続2度目の甲子園

明石商、土壇場9回に4点奪い逆転勝ち! 2年連続2度目の甲子園

第101回全国高等学校野球選手権大会は29日、各地で地方大会が行われ、兵庫大会決勝は明石商が4-1で神戸国際大付を破り2年連続2度目の夏の甲子園出場を決めた。

明石商が4-1で明石商を破り2年連続2度目の夏の甲子園出場を決めた
明石商が4-1で明石商を破り2年連続2度目の夏の甲子園出場を決めた

明石商は1点を追う土壇場の9回に一挙4点を奪い逆転勝ち

 第101回全国高等学校野球選手権大会は29日、各地で地方大会が行われ、兵庫大会決勝は明石商が4-1で神戸国際大付を破り2年連続2度目の夏の甲子園出場を決めた。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 試合は明石商・中森、神戸国際大付・松本の両右腕が5回まで得点を許さない投手戦が続く。試合が動いたのは6回。神戸国際大付は2死一、三塁のチャンスを作ると代打・壽(ことぶき)が右前タイムリーを放ち1点を奪う。

 それでも明石商は9回。無死満塁のチャンスを作ると水上の右前適時打で同点、さらに重宮のスクイズで逆転に成功。続く安藤が右越え2点タイムリーを放ちこの回一挙4点を奪い試合をひっくり返した。先発の中森は9回1失点の完投でチームを春夏連続の甲子園に導いた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」