野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ダルビッシュ、6回6安打9奪三振2失点 1点ビハインドで降板し4勝目はお預け

カブスのダルビッシュ有は30日(日本時間31日)、敵地カージナルス戦に先発。6回6安打9奪三振2失点で降板し4勝目はお預けとなった。

敵地でのカージナルス戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】
敵地でのカージナルス戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:Getty Images】

同点の6回にゴールドシュミットに一発を浴び勝ち越しを許す

■カージナルス – カブス(日本時間31日・セントルイス)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 カブスのダルビッシュ有は30日(日本時間31日)、敵地カージナルス戦に先発。6回6安打9奪三振2失点で降板し4勝目はお預けとなった。

 初回は先頭のエドマンをカットボールで空振り三振、ファウラーを右飛球、J・マルティネスを97.7マイル(約157キロ)の直球で見逃し三振と完璧なスタートを切った。

 2回もゴールドシュミットを左飛、デヨングをカットボールで空振り三振、ウォンには右前打を浴びたが続くオニールを遊飛に仕留め無失点。3回もウィータース、ウェインライトを連続三振。エドマンに中前打を許したがファウラーを二ゴロに抑える好投。

 だが、1点リードで迎えた4回にJ・マルティネス、ゴールドシュミットに連打を浴びるなど1死二、三塁のピンチを背負うと自らの暴投で1点を失い同点に追いつかれた。5回は2死からエドマンに右前打、二盗を許したがファウラーからこの日9個目の三振を奪い無失点で切り抜けた。

 それでも6回。1死からゴールドシュミットに左翼へ一発を浴び勝ち越しを許し7回の打席を迎えたところで代打を送られ降板となった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」