野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

西武今井、先輩左腕から学んだ“非完璧主義” 「無理をして治すというよりも」

西武の今井達也投手が30日のソフトバンク戦(メットライフ)に先発し、6回3安打2失点の好投で6勝目を挙げた。

西武・今井達也【写真:荒川祐史】
西武・今井達也【写真:荒川祐史】

榎田からの助言は「完璧を求めすぎない」、30日ホークス戦では6回2失点で6勝目

■西武 5-2 ソフトバンク(30日・メットライフ)

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 西武の今井達也投手が30日のソフトバンク戦(メットライフ)に先発し、6回3安打2失点の好投で6勝目を挙げた。

 6月18日の中日戦(ナゴヤドーム)で5勝目を挙げてから約1か月以上白星から遠ざかっていた今井。この日はMAX153キロの直球と緩急をつけたピッチングで凡打の山を築いた。4回に長谷川の二ゴロの間に1点先制を許したが、直後に森のタイムリーなどで3点を奪い逆転に成功。

 ここ数試合は味方が援護した直後に失点するケースが目立っていたが「同じ失敗を繰り返さない」とギアを上げ、“鬼門”のイニングを無失点で乗り切った。6回には松田宣にソロを浴び1点差に迫られたが、踏ん張ってリードを守り切った。

 柔軟な発想が勝ちを呼び込んだ。昨季11勝を挙げたベテラン左腕の榎田が5月上旬に1軍に昇格した際に、報道陣に対し発した言葉がヒントになった。「榎田さんが『完璧を求めすぎない』と話していたのを聞いた」という今井は、この言葉をきっかけに完璧主義を改めるようになった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」