野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • マウンドから相手ベンチに猛ダッシュ→左フック MLBで6選手退場の大乱闘劇

マウンドから相手ベンチに猛ダッシュ→左フック MLBで6選手退場の大乱闘劇

30日(日本時間31日)に行われたレッズ-パイレーツ戦で6人が退場処分になる大乱闘劇が行った。レッズの左腕アミール・ギャレット投手が相手ベンチに突進し殴りかかる衝撃の一幕をMLB公式サイトが伝えている。

レッズ-パイレーツ戦で6人が退場処分になる大乱闘劇が勃発【写真:Getty Images】
レッズ-パイレーツ戦で6人が退場処分になる大乱闘劇が勃発【写真:Getty Images】

レッズ-パイレーツ戦で大乱闘劇、ベンチ前で両軍選手が殴り合いに

■パイレーツ 11-4 レッズ(日本時間31日・シンシナティ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 30日(日本時間31日)に行われたレッズ-パイレーツ戦で6人が退場処分になる大乱闘劇が行った。レッズの左腕アミール・ギャレット投手が相手ベンチに突進し殴りかかる衝撃の一幕をMLB公式サイトが伝えている。

 衝撃の大乱闘劇が起こったのは9回だった。8点ビハインドの9回2死の場面で、レッズの左腕ギャレッドはマウンドで投手コーチと話している途中に何か野次られたのか、相手三塁ベンチに向かって激怒。マウンドを猛ダッシュで駆け降りると、パイレーツのトレバー・ウィリアムズ投手に左フックをお見舞いし、この一発をきっかけに両軍ベンチが飛び出す大乱闘に発展した。

 MLB公式サイトは「レッズとパイレーツ間の緊張がワイルドな乱闘に発展」と見出しをつけ、両軍入り乱れる大乱闘劇を紹介。記事では乱闘が約5分間続き「退場処分を受けていたデビッド・ベル監督がフィールドに戻り、タックルされて倒れた。ベル監督は立ち上がった後、レッズの選手に抑えられながら、パイレーツのクリント・ハードル監督に向かって叫んでいるようだった」とレポート。ベル監督は8回のプイグの打席でストライク判定に抗議して退場となっていた。

 今回の大乱闘でレッズのギャレット、プイグ、パイレーツからはウィリアムズ、セルベリ、アーチャー、クリックの6選手が退場処分に。なお、プイグはこの日、レッズ、インディアンス、パドレスと3チームが絡む大型トレードでインディアンスに移籍することが決まった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」