野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オープニングR全勝突破の侍ジャパン、強さの理由は…初の世界一へ“追い風”も

台湾・台南市で行われている「第5回 WBSC U-12ワールドカップ」で、侍ジャパンU-12代表は30日のオープニングラウンド第5戦で南アフリカに15-0で4回コールド勝ち。オープニングラウンド5戦全勝で首位突破を決めた。初の世界一へ向けて、強さを見せつける5試合となった。

侍ジャパンU-12代表・仁志敏久監督【写真:Getty Images】
侍ジャパンU-12代表・仁志敏久監督【写真:Getty Images】

オープニングラウンド最終戦は初回10点猛攻&継投ノーヒッターで4回15点差コールド勝利

 台湾・台南市で行われている「第5回 WBSC U-12ワールドカップ」で、侍ジャパンU-12代表は30日のオープニングラウンド第5戦で南アフリカに15-0で4回コールド勝ち。オープニングラウンド5戦全勝で首位突破を決めた。初の世界一へ向けて、強さを見せつける5試合となった。

侍ジャパンU-12代表、世界一ならずも初の準優勝 仁志監督は選手に感謝「下を向いて帰る結果じゃない」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 南アフリカ戦では、初回にノーヒットで先制に成功すると、打線が爆発した。先頭の赤澤琉偉(八尾中央ボーイズ)が四球で出塁すると、盗塁に成功。暴投で三塁に進み、今井蓮(大阪八尾ボーイズ)の三塁内野安打を相手がエラーした間に生還。続く林京乃佑(東京城南ボーイズ)の二塁打で2点目を奪うと、相手の守備が乱れる中、高畑知季(兵庫波賀リトルリーグ)、片岡大瑠(大阪狭山ボーイズ)の適時二塁打、今井の適時左前打で8点目。林が今度はレフトへ豪快な2ランを放ち、初回だけで一挙10得点を奪った。

 2回はあっさりと2アウトを奪われたが、桑元が中前打で出て二盗。高畑の適時二塁打、片岡の適時中前打で2点を追加した。3回は1死満塁から桑元の走者一掃となる三塁打で3点を奪い、4回コールド勝利の条件となる15点差に到達。仁志監督は「点はもうちょっと入ってもよかったと思います」と振り返ったが、この試合も日本の攻撃力は光った。

 投手陣は、4投手の継投でノーヒットノーラン。先発の重松寿翔(豊川中央ボーイズ)が初回を3者凡退に抑えると、2回は青木が3四球で1死満塁とするも一邪飛、見逃し三振で無失点。3回は今井が3者凡退に抑え、4回は桑元が3四球で1死満塁とピンチを招いたが、2者連続三振で切り抜けた。6四球で2度の1死満塁のピンチも無失点で切り抜け、15点差を守り切った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」