「野球ではなく喧嘩」―6人退場の大乱闘劇、猛ダッシュ→左フックの左腕に“酷評”

レッズ-パイレーツ戦で6人が退場処分になる大乱闘劇が勃発【写真:Getty Images】
レッズ-パイレーツ戦で6人が退場処分になる大乱闘劇が勃発【写真:Getty Images】

約5分間の大乱闘劇に発展「子供たちに見せたくない」「感情的になってしまった」

■パイレーツ 11-4 レッズ(日本時間31日・シンシナティ)

 30日(日本時間31日)のレッズ-パイレーツ戦で起こった大乱闘劇が話題となっている。レッズの左腕アミール・ギャレット投手がマウンドから相手ベンチに突進し、殴りかかるという衝撃の行動から両軍入り乱れる事態に。6人が退場処分となった。地元メディアも約5分間の退場劇を“ノーカット”で公開するなど、米国でも大きく取り上げられているが、“当事者”は「子供たちに見せたくない」と猛省している。

 球場が騒然となったのは9回だ。レッズの8点ビハインドで迎えた9回2死の場面。左腕ギャレッドはマウンドで投手コーチと話していたが、突然、相手ベンチに向かって猛ダッシュした。そして、パイレーツのトレバー・ウィリアムズ投手に衝撃の左フック。ここから両軍の選手が入り乱れる大乱闘に発展し、騒動は約5分間も続いた。

 結局、レッズのギャレット、プイグ、パイレーツのウィリアムズ、セルベリ、アーチャー、クリックと6選手が退場処分に。同地区のライバルである両チームには以前から因縁があり、この試合でも7回にパイレーツのキーオン・ケラ投手がレッズのデレク・ディートリッチの頭の上にボールを投げ、8回にはレッズのデビッド・ベル監督がプイグの打席でストライク判定に抗議して退場処分となるなど、不穏な空気が流れていた。

 MLB公式サイトによると、パイレーツの先発右腕ジョー・マスグローブ投手は「アミール(ギャレット)が野球をプレーするのではなく、喧嘩しようとしているようだった。極めて不適切だった」と乱闘劇の場面について回顧。一方で、大騒動を引き起こしたギャレットは「僕のしたことは許されない。あのようなことは起こってはいけない。感情的になってしまうこともある。許されない。子供たちに見せたくない。野球は楽しいものなんだ。暴力があってはいけない。チームメートと自分を守ろうとしたんだ。感情的になってしまった」と猛省したという。

 因縁はいつまで続くのか。今後、これ以上の大乱闘劇が起こらないことを願いところだが……。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY