野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

2位日ハムと首位ホークスが0.5差、3位西武まで3差に…31日のパ・リーグは?

パ・リーグは31日、各地で3試合が行われ、西武、日本ハム、オリックスがそれぞれ勝利した。2位・日本ハムは首位・ソフトバンクに0.5ゲーム差に迫った。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:荒川祐史】

ソフトバンクは打線沈黙で連敗、ロッテ涌井は乱調…

 パ・リーグは31日、各地で3試合が行われ、西武、日本ハム、オリックスがそれぞれ勝利した。2位・日本ハムは首位・ソフトバンクに0.5ゲーム差に迫った。

【PR】NPB公式戦をいつでも&どこでもお得に観戦 プロ野球観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 3位の西武は本拠地でのソフトバンク戦に2-0で勝利した。先発の高橋光が6回2安打無失点と好投し、救援陣も無失点リレー。両チーム無得点で迎えた8回に山川が決勝打を放つと、森も続いて貴重な追加点を奪った。最終回は守護神・増田が締めて3連勝。首位のソフトバンクに3ゲーム差に迫った。一方、ソフトバンクは打線が西武投手陣に抑え込まれて連敗。2位の日本ハムに0.5ゲーム差に迫られた。

 日本ハムは本拠地・楽天戦に4-3で勝利。1点を追う7回、1死二塁で石井が則本昂の初球のスライダーを捉え、ライナーで右中間へ運ぶ適時打。ボールはフェンスに直撃したが、隙間に“すっぽり”と挟まる“珍ツーベース”となった。続く宇佐見がレフトへのタイムリーを放ち同点とすると、2死二塁から清宮の代打・谷口が勝ち越しタイムリー。8回は宮西、9回は秋吉が締めて連敗を「2」で止めた。楽天は則本昂が7回につかまり、6回1/3を4失点で2敗目(2勝)を喫した。

 オリックスは敵地ロッテ戦に8-4で勝利。初回から3番・吉田正の20号2ランが飛び出すなど、4回までにロッテ先発・涌井から6点を奪取。救援陣からも追加点を奪い、計14安打を浴びせて連敗を2で止めた。6回99球4失点の山岡が自己最多タイの8勝目。ロッテは涌井が乱調で連勝は3でストップした。

→1 ソフトバンク 98試合52勝42敗4分 -
→2 日本ハム 97試合51勝42敗4分 0.5
→3 西武 95試合49勝45敗1分 2.5
→4 楽天 95試合47勝46敗2分 1.5
→5 ロッテ 95試合45勝48敗2分 2.0
→6 オリックス 96試合41勝50敗5分 3.0

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」