野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリ吉田正が打率、安打、打点で1位、楽天美馬は防御率1.64 19年7月投打5傑【パ編】

オールスターブレークをはさむ2019年7月度の成績を振り返ろう。

オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】
オリックス・吉田正尚【写真:荒川祐史】

日本ハムが驚異的な強さを見せ首位ソフトバンクに0.5差

 オールスターブレークをはさむ2019年7月度の成績を振り返ろう。

【PR】ヤクルト日本一コンビが爆笑談義 DAZN(ダゾーン)の魅力と可能性とは

パ・リーグ2019年7月

○チーム成績

1ソフトバンク(98試52勝42敗4分 率.553 差–)
2日本ハム(97試51勝42敗4分 率.548 差0.5)
3西武(95試49勝45敗1分 率.521 差3.0)
4楽天(95試47勝46敗2分 率.505 差4.5)
5ロッテ(95試45勝48敗2分 率.484 差6.5)
6オリックス(96試41勝50敗5分 率.451 差9.5)

 ソフトバンクが首位だが、後半急ブレーキがかかり日本ハムとは0.5差になっている。昨2018年の同時期は以下の順位だった。

1西武(89試53勝35敗1分 率.602 差–)
2日本ハム(91試51勝39敗1分 率.567 差3.0)
3ソフトバンク(88試43勝44敗1分 率.494 差9.5)
4ロッテ(90試43勝44敗3分 率.494 差9.5)
5オリックス(93試42勝47敗4分 率.472 差11.5)
6楽天(91試39勝51敗1分 率.433 差15.0)

 昨年は西武を日本ハムが追い上げる図式。最終的に2位になるソフトバンクはまだ負け越していた。

2019年7月のチーム成績

1日本ハム(22試16勝6敗0分 率.727)
2西武(22試11勝11敗0分 率.500)
3ソフトバンク(23試11勝12敗0分 率.478)
4ロッテ(23試11勝12敗0分 率.478)
5オリックス(22試10勝12敗0分 率.455)
6楽天(22試8勝14敗0分 率.364)

 日本ハムが圧倒的に強かった。2位の西武がかろうじて5割。ソフトバンクは負け越し。楽天の不振が目立った。

【打者5傑】

○安打
1吉田正尚(オ)30
2茂木栄五郎(楽)28
2鈴木大地(ロ)28
4銀次(楽)25
5中村剛也(西)24
5近藤健介(日)24
5中田翔(日)24
5渡邉諒(日)24

○本塁打
1レアード(ロ)8
2吉田正尚(オ)7
2中村剛也(西)7
2中田翔(日)7
5松田宣浩(ソ)6
5浅村栄斗(楽)6
5デスパイネ(ソ)6
5井上晴哉(ロ)6

○打点
1吉田正尚(オ)21
2レアード(ロ)20
3井上晴哉(ロ)19
4中村剛也(西)18
4中田翔(日)18

○盗塁
1金子侑司(西)6
2福田周平(オ)5
2中川圭太(オ)5
4源田壮亮(西)4
5外崎修汰(西)3
5荻野貴司(ロ)3
5木村文紀(西)3
5明石健志(ソ)3
5周東佑京(ソ)3

○打率(規定打席以上)
1吉田正尚(オ).357
2茂木栄五郎(楽).326
3鈴木大地(ロ).322
4近藤健介(日).312
5銀次(楽).294

○RC(RunCreate)打者の総合指標安打、長打、四死球、盗塁、犠打、犠飛を加味
1吉田正尚(オ)22.84
2中村剛也(西)18.13
3茂木栄五郎(楽)17.16
4中田翔(日)15.84
5鈴木大地(ロ)15.39

 オリックスの吉田正が安打、打点、打率、RCで1位。本塁打2位タイ。断トツの活躍。ロッテのレアードは8本塁打。西武の中村、日ハムの中田翔も7本塁打と活躍。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」