野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-12代表
  • 侍ジャパン、ベネズエラ撃破で無傷6連勝 逆転勝利に仁志監督「1点で抑えたから」

侍ジャパン、ベネズエラ撃破で無傷6連勝 逆転勝利に仁志監督「1点で抑えたから」

台湾・台南市で行われている「第5回 WBSC U-12ワールドカップ」は1日、スーパーラウンドがスタートし、侍ジャパンU-12代表は初戦でベネズエラに4-1で逆転勝ち。開幕から無傷の6連勝を飾った。

侍ジャパンU-12代表はスーパーラウンド初戦でベネズエラに4-1で逆転勝ち【写真:Getty Images】
侍ジャパンU-12代表はスーパーラウンド初戦でベネズエラに4-1で逆転勝ち【写真:Getty Images】

2回に先制許すも直後に逆転、2日は最大の敵・韓国と激突

 台湾・台南市で行われている「第5回 WBSC U-12ワールドカップ」は1日、スーパーラウンドがスタートし、侍ジャパンU-12代表は初戦でベネズエラに4-1で逆転勝ち。開幕から無傷の6連勝を飾った。

侍ジャパンU-12代表、世界一ならずも初の準優勝 仁志監督は選手に感謝「下を向いて帰る結果じゃない」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今大会6試合目にして初めて初回に得点できなかった。侍ジャパンは1回、先頭の赤澤琉偉(八尾中央ボーイズ)が二ゴロ、2番・今井蓮(大阪八尾ボーイズ)が遊ゴロ、3番・林京乃佑(東京城南ボーイズ)が空振り三振で3者凡退。相手先発の落差のあるスライダーに苦しめられた。

 すると、2回には先制を許す。初回はキレのある直球で3つの空振り三振を奪った先発の青木朔真(筑後ボーイズ)の制球が定まらない。2四球で1死一、二塁のピンチを招き、続く打者に左越えの適時二塁打を打たれ1点を失った。ここで2番手の川越昂太郎(東京城南ボーイズ)がマウンドへ。1死二、三塁とピンチが続いたが、2者連続空振り三振で切り抜けた。

 今大会初めてリードを許した侍ジャパンだったが、その裏にはすぐさま反撃。川下晃汰(諫早ボーイズ)、鈴木拓斗(兵庫神戸ボーイズ)の連打、桑元信祐(ガッツ鹿児島)の四球で、1死満塁のチャンスを作り、打席には141センチとチームで最も小柄な高畑知季(兵庫波賀リトルリーグ)。絶妙なスクイズを決めて同点に追いつくと、片岡にも2点中前打が飛び出し、あっという間に逆転した。

 1度リードを奪ってからは日本のペースに。3回は川越、4回は坂本慎太郎(松戸柏リトルリーグ)、5、6回は林が無失点。セカンドの高畑、センターの赤澤の好守もあり、強打のベネズエラ打線を封じ込めた。4回には片岡のスクイズで1点を追加して、4-1で快勝した。

 初めて先制を許す展開に「なかなか点が取れないと思っていたので、先制点はかなり痛かった」と振り返った仁志敏久監督。「気を落とさずいけたのは1点で抑えたからかなと思います」と投手陣の踏ん張りを称えた。2日には、グループBを4勝1敗の首位で勝ち上がってきた最大の敵・韓国と対戦する。

(工藤慶大 / Keita Kudo)

日本通運は侍ジャパンを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」