野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム、連敗を3で止め首位と2.5差 5回一挙4得点で逆転 鷹は二保が5回途中KO

日本ハムが連敗を3で止め、首位との差を2.5ゲーム差に縮めた。4日、本拠地・札幌ドームでのソフトバンク戦。1点ビハインドで迎えた5回に西川、大田の連続適時二塁打などで一挙4得点を奪って逆転。堀、ロドリゲス、宮西、石川直、秋吉の継投でこのリードを守り抜いた。

日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山監督【写真:石川加奈子】

日本ハムは1点ビハインドの5回に西川、大田の連続適時二塁打などで逆転

■日本ハム 4-3 ソフトバンク(4日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムが連敗を3で止め、首位との差を2.5ゲーム差に縮めた。4日、本拠地・札幌ドームでのソフトバンク戦。1点ビハインドで迎えた5回に西川、大田の連続適時二塁打などで一挙4得点を奪って逆転。堀、ロドリゲス、宮西、石川直、秋吉の継投でこのリードを守り抜いた。

 2回に1点を先制された日本ハムだったが、5回に一気に試合をひっくり返した。先頭の石井が三塁内野安打で出塁すると、宇佐見の犠打、中島の左前安打で1死一、三塁とチャンスを拡大。西川が左翼フェンス直撃の2点適時二塁打を放って逆転に成功すると、大田もフェンス直撃の適時二塁打、近藤も中前適時打で続いて、この回一挙に4点を奪って逆転した。

 この日の先発・堀は“オープナー“としての起用。きっちりと初回を3者凡退に仕留めると、2回からはロドリゲスがマウンドに上がった。右腕は松田宣に先制ソロこそ許したものの、6回までの5イニングを4安打4奪三振1失点に抑えて好投。7回に宮西が2点を返されたものの、8回の石川直、9回を秋吉が締めて何とか1点差で逃げ切った。

 ソフトバンクの連勝は3でストップ。2回に松田宣が24号ソロを放って先制したが、先発のニ保が5回につかまって、7安打4失点でノックアウトされた。7回に明石、甲斐、江川の3連打で満塁とし、牧原の2点適時打で1点差まで迫ったが、反撃も及ばなかった。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」