野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 履正社、大会タイ5本塁打も驚異のミート率 データで楽しむ夏の甲子園【第2日目(第1、2試合)】

履正社、大会タイ5本塁打も驚異のミート率 データで楽しむ夏の甲子園【第2日目(第1、2試合)】

大会屈指の好投手と大阪予選を勝ち抜いた強打のチームの対戦があった夏の全国高等学校野球選手権大会第2日目となった第1、2試合をセイバーメトリクスの指標で各校の闘いぶりを振り返ってみます。

第101回全国高等学校野球選手権、2日目第1試合、第2試合の結果一覧
第101回全国高等学校野球選手権、2日目第1試合、第2試合の結果一覧

履正社の打撃陣はストライクゾーンを7割スイング、9割の確率でバットに当てる

 大会屈指の好投手と大阪予選を勝ち抜いた強打のチームの対戦があった夏の全国高等学校野球選手権大会第2日目となった第1、2試合をセイバーメトリクスの指標で各校の闘いぶりを振り返ってみます。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

指標の説明は以下の通りとなっています。

OPS 出塁率+長打率 1を超えると優れている
wOBA 各プレーの得点価値を累積して算出した打撃指標
O-swing% ボールゾーンに来た球をスイングした割合
Z-swing% ストライクゾーンに来た球をスイングした割合
Swing% スイングした割合
O-contact% ボールゾーンに来た球をスイングした際にバットにボールが当た
った割合
Z-contact% ストライクゾーンに来た球をスイングした際にバットにボール
が当たった割合
Contact% スイングした際にバットにボールが当たった割合
Zone% ストライクゾーンを球が通過した割合
SwStr% 空振り率
WHIP 1イニングあたりに許したランナーの数
P/IP 1イニングあたりに投球した球の数
GB/FB フライに対するゴロの割合

履正社 11-6 霞ヶ浦

【履正社】
打率.405 OPS1.276 wOBA0.597
O-swing% 24.1% Z-swing% 73.7% Swing% 51.1%
O-contact% 47.4% Z-contact% 91.4% Contact% 82.0%
Zone% 54.6% SwStr% 9.2%

【霞ヶ浦】
打率.308 OPS.913 wOBA.425
O-swing% 28.7% Z-swing% 63.8% Swing% 43.6%
O-contact% 51.6% Z-contact% 88.2% Contact% 74.4%
Zone% 42.6% SwStr% 11.2%

履正社 投手の各指標

清水大成
5イニング 打者数28 投球数124
WHIP2.60 P/IP24.80 GB/FB 0.88
Zone% 42.6% 空振り率11.2%

岩崎峻典
4イニング 打者数17 投球数64
WHIP1.25 P/IP16.00 GB/FB 12.00
Zone% 48.4% 空振り率10.9%

霞ヶ浦 投手の各指標

鈴木寛人
2回1/3イニング 打者数17 投球数64
WHIP3.43 P/IP27.43 GB/FB 1.17
Zone% 48.4% 空振り率10.9%

山本雄大
6回2/3イニング 打者数30 投球数110
WHIP1.50 P/IP16.50 GB/FB0.86
Zone% 58.2% 空振り率 8.2%

 茨城県大会4試合28イニングで3失点、WHIP0.68、奪三振率9.32、K/BB5.8の好投手、鈴木寛人が大阪大会を勝ち抜いてきた春夏連存続出場の履正社と対戦ということで注目を集めた第2日目の第1戦。立ち上がりいきなり先頭打者の桃谷選手に145キロのストレートをスタンドに運ばれました。

 このイニング、すべてのアウトを三振で奪うのですが、4番井上選手にもホームランを打たれ2失点という大味なスタート。その後はスライダーで空振りを奪うのですが、高めに浮くストレートを履正社打線に狙い撃ちされ、2回1/3イニング、3被本塁打、7失点でマウンドを降りることになりました。なお、履正社はこの試合、大会タイ記録の5本塁打を放っていますが、どれも甘く高めのコースに入った球をしっかりと捕らえていました。ストライクに入った球は7割以上の確率でスイングし、9割の確率でバットに当てるバットコントロールは日頃の練習の賜物でしょう。

 履正社先発の清水投手は序盤にもらった点差からの余裕でしょうか、ストレート75%とスライダー25%の組み立てで霞ヶ浦打線に対峙します。スライダーでは20%以上の空振りをとり要所を抑えていきますが、6回に入るとストレートのコントロールが高めに浮いたり、ストライクボールがはっきりするようになり、甘く入ったストレートで長打を打たれるようになりました。リリーフ登板の岩崎投手は残り4イニングを丁寧なコントロールで霞ヶ浦からゴロの山を築き、フライ1に対しゴロ12という内容で霞ヶ浦の反撃を断ち切りました。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」