野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武永江、昇格即マルチ&“連係美技”で猛烈アピール! 「新しい風を吹かせたい」

西武永江、昇格即マルチ&“連係美技”で猛烈アピール! 「新しい風を吹かせたい」

西武の永江恭平内野手が7日の楽天戦(メットライフ)で「9番・遊撃」でスタメン出場し、2安打1盗塁の活躍。守備でも絶妙な連携プレーでピンチを救った。

西武・永江恭平【画像:パーソル パ・リーグTV】
西武・永江恭平【画像:パーソル パ・リーグTV】

永江は昇格即スタメンで2安打、1盗塁の活躍、守備でも中継プレーで同点を阻止

■西武 4-3 楽天(7日・メットライフ)
 
 西武の永江恭平内野手が7日の楽天戦(メットライフ)で「9番・遊撃」でスタメン出場し、2安打1盗塁の活躍。守備でも絶妙な連携プレーでピンチを救った。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「永江、投げろ!」

 中村の声が聞こえてきた瞬間に、もう投げ始めていた。1点を勝ち越した直後の8回、1死二塁で茂木の打球がレフト前に落ち、二塁走者・田中が一気に同点のホームを狙って駆け出した。

 左翼手の栗山が打球を処理し、やや後方に守備位置を取ってカットに入った永江にストライク送球。永江が思い切りホームに投げ込むと、捕手の中田がホームベースをタッチしようとした田中の左手からがっちりと本塁を守り切った。

 無駄のない中継プレーが生んだ同点阻止劇。永江は「セカンドランナーの田中くんは足も速い。(二塁から本塁に)行くだろうと思って準備をしていた」と胸を張った。オフシーズンの自主トレを栗山と共に過ごす永江。「俺がレフトだったら、任せるぞ」と信頼関係があってこそのプレーだった。

 チームは正遊撃手の源田が左太もも裏の張りを訴えるなど、故障者が続出。永江はこの日1軍昇格を果たし、即スタメン起用されると3回の第1打席では楽天先発・則本昂から粘って12球目で左翼フェンス直撃の二塁打を放った。さらに7回にも先頭で打席に入ると左前安打で出塁し勝ち越しのホームを踏み、攻守で指揮官の期待に見事応えた。「チームは苦しいかもしれないが、僕は上がってきたばかり。新しい風を吹かせたい」と日焼けした肌に大粒の汗を浮かべながら話した。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」