野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「ノールック退場」に大荒れ 球審が暴言の主を確認せず選手に退場宣告で波紋

「ノールック退場」に大荒れ 球審が暴言の主を確認せず選手に退場宣告で波紋

9日(日本時間10日)にトロントで行われたヤンキース-ブルージェイズ戦でヤンキースの選手が退場処分となったが、球審が暴言の主を確認せずに退場処分を宣告する前代未聞の展開にゲームは大荒れ。地元メディアも「ノールックパスならぬ、ノールック退場だ!」と衝撃の展開を伝えていた。

激怒するガードナーを必死に止めるブーン監督【写真:Getty Images】
激怒するガードナーを必死に止めるブーン監督【写真:Getty Images】

前代未聞の展開に大荒れ、退場となったガードナーはリプレーで“無実”と判明!?

■ブルージェイズ 8-2 ヤンキース(日本時間10日・トロント)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! MLBを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 9日(日本時間10日)にトロントで行われたヤンキース-ブルージェイズ戦でヤンキースの選手が退場処分となったが、球審が暴言の主を確認せずに退場処分を宣告する前代未聞の展開にゲームは大荒れ。地元メディアも「ノールックパスならぬ、ノールック退場だ!」と衝撃の展開を伝えていた。

 事件はブルージェイズ3点リードの4回に起きた。2死から打席に立ったトークマンの初球をクリス・セガール球審はストライクとジャッジ。ニューヨークで試合を中継しているテレビ局「YESネットワーク」の実況が「今夜はずっと一貫性がありませんね」と球審のジャッジに疑問を呈した瞬間、セガール球審が突如退場を宣告した。

 アーロン・ブーン監督は自分の体を指しながらダグアウトを飛び出した。「誰が退場になったのか聞いてますね」と実況は説明。すると退場宣告を受けたのがキャプテンのブレット・ガードナーだったことが明らかになった。

 主審の前で激怒するブーン監督。実況は「ブーンは公正さを求めています。何故なら、選手に退場を宣告する前に彼はダグアウトを見ていませんでしたから。彼は誰が叫んだのかわかっていないのかもしれません。何故なら、ダグアウト全員が叫んでましたからね」と説明した。

 自分が退場になったことを知ったガードナーも逆上。ダグアウトから飛び出し、「何も言っていない!」と無実を主張。あまりの剣幕にブーン監督やトークマンが制止する事態となった。

 実況は「通常ならダグアウトを見て、警告を与えるだけでいいんです。全くノーチャンスでしたから。私はノールック退場を繰り出した人間なんて初めて見ました。警告もなしに」とショックを隠せない様子。そして、解説を務めるヤンキースのデビッド・コーン元投手も「まさにそう。マジック・ジョンソンのノールックパスのようです!」と愕然。その後の中継ではリプレーを流し、ガードナーはダグアウトの天井をバットで突くような素ぶりを見せていたが、暴言はなかったという“検証結果”を報告した。

「ノールックパス」はドジャースの共同オーナーを務めるジョンソン氏が現役時代にファンを沸かせた妙技。無実のガードナーに対する珍しい退場処分と怒りの抗議に対する波紋は広がりを見せている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」