野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

巨人、7カードぶり勝ち越しで首位死守! 坂本勇はリーグトップ31号 燕3連敗

巨人は10日、東京ドームで行われたヤクルト戦で8-4で快勝し、7カードぶりのカード勝ち越し。引き分けを挟んで3連勝を飾り、首位を死守した。ヤクルトは3連敗。

巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】
巨人・坂本勇人【写真:Getty Images】

前夜7点差大逆転勝ちの巨人は12安打8得点

■巨人 8-4 ヤクルト(10日・東京ドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 巨人は10日、東京ドームで行われたヤクルト戦で8-4で快勝し、7カードぶりのカード勝ち越し。引き分けを挟んで3連勝を飾り、首位を死守した。ヤクルトは3連敗。

 巨人は初回、坂本勇の2試合連発となる右越え31号ソロで先制。同2死二、三塁からはゲレーロの2点二塁打で3点を奪った。2回は2死満塁から岡本の2点二塁打などで3得点。5回には亀井の11号ソロで追加点を挙げた。前夜に最大7点差をひっくり返す大逆転勝ちした打線は12安打8得点。先発の桜井は6回6安打2失点に抑えて6勝目を挙げた。

 ヤクルトは先発の星が1回2/3で5安打6失点。今季初黒星を喫した。打線は3回に廣岡の5号2ラン、7回に青木の15号2ランで4点を挙げたが、反撃は届かなかった。

(Full-Count編集部)

JERAはセ・リーグを応援しています。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」