野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • 東海大相模、効果の高い走塁で6得点 データで楽しむ夏の甲子園【6日目・第1、2試合】

東海大相模、効果の高い走塁で6得点 データで楽しむ夏の甲子園【6日目・第1、2試合】

優勝候補同士の対戦や、優勝経験のある強豪校の出場が相次ぎ、満員札止めとなった夏の全国高等学校野球選手権大会第6日目第1、2試合。セイバーメトリクスの指標で各校の闘いぶりを振り返ってみます。

第101回全国高等学校野球選手権、6日目第1、2試合の結果一覧
第101回全国高等学校野球選手権、6日目第1、2試合の結果一覧

延長戦の作新学院と筑陽学園、リスクの高い盗塁が初戦突破の呼び水に

 優勝候補同士の対戦や、優勝経験のある強豪校の出場が相次ぎ、満員札止めとなった夏の全国高等学校野球選手権大会第6日目第1、2試合。セイバーメトリクスの指標で各校の闘いぶりを振り返ってみます。

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 指標の説明は以下の通りとなっています。

OPS 出塁率+長打率 1を超えると優れている
wOBA 各プレーの得点価値を累積して算出した打撃指標
O-swing% ボールゾーンに来た球をスイングした割合
Z-swing% ストライクゾーンに来た球をスイングした割合
Swing% スイングした割合
O-contact% ボールゾーンに来た球をスイングした際にバットにボールが当たった割合
Z-contact% ストライクゾーンに来た球をスイングした際にバットにボールが当たった割合
Contact% スイングした際にバットにボールが当たった割合
Zone% ストライクゾーンを球が通過した割合
SwStr% 空振り率

WHIP:1イニングあたりに許したランナーの数
P/IP:1イニングあたりに投球した球の数
GB/FB:フライに対するゴロの割合

○作新学院 5-3 筑陽学園

【作新学院】
打率.263 OPS.575 wOBA.306
O-swing% 19.0% Z-swing% 59.1% Swing% 42.4%
O-contact% 33.3% Z-contact% 92.3% Contact% 81.3%
Zone% 58.3% SwStr% 7.9%

【筑陽学園】
打率.243 OPS.615 wOBA.301
O-swing% 19.3% Z-swing% 58.8% Swing% 42.3%
O-contact% 45.5% Z-contact% 87.2% Contact% 79.3%
Zone% 58.4% SwStr% 8.8%

作新学院・林勇成投手の各指標

10回 打者数39 投球数137
WHIP 1.00 P/IP 13.70 GB/FB 1.58
ストレート55.5% スライダー 32.8% カーブ6.6% カットボール5.1%
Zone% 58.4% 空振り率 8.8%

筑陽学園・西舘昂汰投手の各指標

10回 打者数42 投球数151
WHIP1.20 P/IP 15.10 GB/FB 1.50
ストレート55.6% スライダー 38.4% カットボール 3.3%
Zone% 58.3% 空振り率 7.9%

 打率、OPS、wOBAやセイバーメトリクスによる打撃指標が似通った両チームの対戦らしく、ゲームは延長戦にまでもつれ込みました。作新学院の林投手は要所でスライダーを駆使し空振りを取るピッチングで8回1失点に抑えてきましたが、9回はそのスライダーが落ちきれずゾーンに入ったところを弾き返され同点に追いつかれました。

 同点に追いつかれ延長にもつれ込んだ試合において、作新学院の勝利に大きく貢献したのは1番打者の福田選手でした。盗塁は失敗のリスクの高い作戦で、この試合でも作新は2つの盗塁失敗でチャンスを潰してきました。しかし延長戦という緊迫の状況の中、福田選手は積極果敢に二盗、三盗を決めました。これが作新学院3年ぶりの初戦突破の呼び水となりました。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」