野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ種市、5回を投げ終え3安打無失点10Kの好投! 2戦連続2桁奪三振と好調続く

ロッテの種市篤暉投手が11日の西武戦(ZOZOマリン)に先発し、5回を投げ終え3安打無失点、10三振を奪う快投を続け今季7勝目の権利が発生した。

ロッテ・種市篤暉【写真:荒川祐史】
ロッテ・種市篤暉【写真:荒川祐史】

前回登板の4日楽天戦では7回無失点10奪三振で6勝目

■ロッテ – 西武(11日・ZOZOマリン)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ロッテの種市篤暉投手が11日の西武戦(ZOZOマリン)に先発し、5回を投げ終え3安打無失点、10三振を奪う快投を続け今季7勝目の権利が発生した。

 前回先発した4日の楽天戦(楽天生命)では7回無失点10奪三振と楽天打線を寄せつけない投球で6勝目を挙げていた種市。この日は初回から先頭の秋山を全て直球の3球三振に打ち取ると、3番・森は129キロフォークで空振り三振に。4回には中村、栗山、外崎から3者連続三振で9奪三振とすると、5回は先頭の山川も落ちるボールで3球三振。5回までに早くも10奪三振と好投を続けている。

 打線は初回に鈴木の右越え三塁打で先制し、2回にはマーティンの1ゴロの間に1点を追加。2-0でロッテがリードしている。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」