野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日ハム清宮、4番初打席は死球…球場騒然も渡邉の先制打を演出

日本ハムの清宮幸太郎内野手は13日、ロッテ戦(東京ドーム)で「4番・一塁」で先発出場。4番初打席となった初回の第1打席は死球だった。

日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】
日本ハム・清宮幸太郎【写真:石川加奈子】

中田が右手母指球挫傷で抹消、高卒2年目で初めて4番を任された

■日本ハム – ロッテ(13日・東京ドーム)

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 日本ハムの清宮幸太郎内野手は13日、ロッテ戦(東京ドーム)で「4番・一塁」で先発出場。4番初打席となった初回の第1打席は死球だった。

 初回2死三塁。2ボール2ストライクから右腕・石川の150キロ直球を右太もも付近に受けた。球団トレーナーが慌てて確認したが、そのまま何事もなく一塁へ。右翼スタンドから「頑張れ、頑張れ、清宮」と声援が飛んでいた。

 続く渡邉の右前適時打につなげ、自らも三塁へ進塁。死球を受けたことによるプレーへの影響はない模様だ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」