野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム吉田輝「去年甲子園で活躍できた。すごいいい季節」 14日ロッテ戦で先発へ

日本ハムのドラフト1位、吉田輝星投手は14日のロッテ戦(東京ドーム)で先発する。プロ3度目の登板で、1軍公式戦でパ・リーグ相手に投げるのは初めて。「大事な時期なので、練習のときはコミュニケーションを取りながらやっているんですけど、スイッチを切り替えてやれればいいなと思います」と意気込みを語った。

日本ハム・吉田輝星【写真:石川加奈子】
日本ハム・吉田輝星【写真:石川加奈子】

プロ2勝目をかけて14日ロッテ戦で先発する

■日本ハム – ロッテ(14日・東京ドーム)

【PR】セ・パともにクライマックスシリーズ全試合配信! CS観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムのドラフト1位、吉田輝星投手は14日のロッテ戦(東京ドーム)で先発する。プロ3度目の登板で、1軍公式戦でパ・リーグ相手に投げるのは初めて。「大事な時期なので、練習のときはコミュニケーションを取りながらやっているんですけど、スイッチを切り替えてやれればいいなと思います」と意気込みを語った。

 吉田輝は今季2試合に先発し、1勝1敗。6月12日の広島戦(札幌ドーム)で5回1失点に抑えてプロ初登板初勝利を飾ったが、同23日の中日戦(ナゴヤドーム)では3回5失点で初黒星を喫した。その後は腰の張りを訴えて6月末から2軍で調整していた。「ストレートの調子も上がっているし、変化球も上手く使えている。フォーム的にもしっくり来ている感じなので。今日も練習でちょっと良くなったので、明日しっかりできればと思います」と意気込んだ。

 巨人が本拠地とする東京ドームは野球観戦を含めて、この日が初めてだった。「(出身地の)秋田は(テレビ中継で)ジャイアンツ戦しかやってないので」と少年時代は巨人ファンだった。「優勝する時の投げていた人はカッコいいなと思いました。山口さんはいましたね」と振り返った。「すぐに本塁打とか入るのと思うので、そこは気をつけたいなと思います」と一発を警戒した。

 昨夏の甲子園で準優勝を飾り、“金農旋風”を巻き起こした。「野球のシーズンだし、去年だいぶ甲子園で活躍できたので。そういうイメージはある。すごいいい季節なので、この気持ちのまま明日もいい投球ができればいいなと思います」。昨夏のような気迫に満ちた投球でプロ2勝目をつかむつもりだ。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」