野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ東妻が2勝目、智弁和歌山の弟・純平の特大弾に刺激「すごいパワーしてる」

ロッテ・東妻勇輔投手が13日、日本ハム戦(東京ドーム)で同点の8回に4番手で登板。4番・清宮から始まる打線を3者凡退に抑えると、9回に味方打線が勝ち越しに成功し、プロ2勝目を手にした。

ロッテ・東妻勇輔【写真:荒川祐史】
ロッテ・東妻勇輔【写真:荒川祐史】

4番手で登板して3者凡退の好投「2勝も取れると思っていなかった」

■ロッテ 6-1 日本ハム(13日・東京ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ロッテ戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテ・東妻勇輔投手が13日、日本ハム戦(東京ドーム)で同点の8回に4番手で登板。4番・清宮から始まる打線を3者凡退に抑えると、9回に味方打線が勝ち越しに成功し、プロ2勝目を手にした。

 先発・石川の粘投を、東條、松永とつなぎ、1-1の同点で迎えた8回。「勝ち運を持ってこれるピッチャー」だと、井口監督が評価するドラフト2位ルーキー・東妻がマウンドへ。先頭打者は、この日登録抹消となった日本ハム・中田に代わり、初の4番に座った清宮。「こういった場面で任されるようになったので、きょうはいつも以上に注意深く入った」と、初球を自慢の直球ではなくフォークで入り空振りを奪うと、カウント2-1とボール先行からシュートを打たせて左飛。続く5番・渡邉を遊撃ゴロ、6番・谷口も左飛に仕留め、4番から始まる好打順を3人できっちり抑えたことに「一歩ずつですが成長できていると思います」と手応えを感じていた。

 この投球が勢いを呼んだのか、直後の9回に味方打線が一挙5得点。東妻にプロ2勝目がつき、「2勝も取れると思っていなかったので、上出来というか、運が来ているのかなと思います」と笑った。

 この日は、明徳義塾(高知)と対戦した母校・智弁和歌山(和歌山)が7-1で勝利。弟・純平はバックスクリーン右横への特大ソロアーチを放った。「(動画を)何回か見て、すごいパワーしてるなって」と、もちろんチェック済みの東妻だが「弟が活躍していたので、いいところを見せるじゃないですが、自分のやれることをしっかりしないと笑われると思ってしっかり頑張りました。今日もですが、勝ったら嬉しいですし、勇気をもらえます」と、夏の甲子園を戦う母校と弟・純平の活躍が大きな刺激となっている。

 チームに勢いをもたらし、連敗を止めた東妻。14日は同期入団のドラフト3位・小島和哉がプロ初勝利をかけ、5度目の先発マウンドに向かう。「同期でずっと一緒に頑張ってきた仲。前回の投球も絶対悪くないと思いますし、続けていれば結果は来ると思うので、頑張ってほしいです」と、力強いエールを送っていた。

(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」