野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム万波、悔しい3タコデビュー「1打席目からガンガンいけたかな」

日本ハムのドラフト4位、万波中正外野手は14日、ロッテ戦(東京ドーム)で「9番・左翼」で1軍デビュー。2回2死の初打席で3球三振を喫するなど3打数無安打2三振だった。

日本ハム・万波中正【写真:石川加奈子】
日本ハム・万波中正【写真:石川加奈子】

「9番・右翼」で1軍初昇格即スタメンも、空振り三振、空振り三振、右飛

■ロッテ 9-4 日本ハム(14日・東京ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムのドラフト4位、万波中正外野手は14日、ロッテ戦(東京ドーム)で「9番・左翼」で1軍デビュー。2回2死の初打席で3球三振を喫するなど3打数無安打2三振だった。

 2回2死では左腕、小島と対戦。低めチェンジアップに空振り、見逃しで2球で追い込まれると、高めへの140キロ直球で空振り三振に倒れた。5回先頭もチェンジアップにタイミングが合わずに空振り三振。2番手ブランドンと対戦した7回先頭はタイミングは合っていたものの、内角140キロ直球に右飛に打ち取られた。

 8回1死一、二塁で代打・谷口を送られた。3打数無安打2三振だった。万波は「お客さんの数、応援の凄さ、2軍とはいろんな意味で規模が違うなと感じました。チームが連敗中で(1軍に)上がるのは初めてですけど、勝ちに貢献したかった。緊張感はありました。打席に立つにつれて、感じが出てきた。3打席ももらえて、自分のスイングができてきた。1打席目からいいスイングが出来なかったので悔しい。今振り返れば、1打席目からガンガンいけたかなというのがある」と振り返った。

 万波はイースタン67試合出場し、打率.248、10本塁打、30打点。この日1軍初昇格し、即スタメンに抜擢された。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」