野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ、カブス史上初の記録 4試合連続で「8K以上&無四球」を達成

カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、敵地でのフィリーズ戦に先発し、7回無失点と好投した。強打のフィリーズ打線を封じ、7回まで毎回奪三振となる10奪三振。5勝目の権利を持って降板したが、9回に救援陣が崩れて壮絶なサヨナラ負け。ダルビッシュの5勝目は消滅した。

敵地でのフィリーズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】
敵地でのフィリーズ戦に先発登板したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

フィリーズ戦で先発したダルビッシュは7回4安打10奪三振無四球無失点

■フィリーズ 7-5 カブス(日本時間16日・フィラデルフィア)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ダルビッシュ有を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 カブスのダルビッシュ有投手は15日(日本時間16日)、敵地でのフィリーズ戦に先発し、7回無失点と好投した。強打のフィリーズ打線を封じ、7回まで毎回奪三振となる10奪三振。5勝目の権利を持って降板したが、9回に救援陣が崩れて壮絶なサヨナラ負け。ダルビッシュの5勝目は消滅した。

 ダルビッシュは初回を無失点に切り抜けると、2回は3者凡退。3回2死二塁の場面では、昨オフにフィリーズとメジャー史上最高額となる13年総額3億3000万ドル(約346億円)の大型契約を結んだハーパーを3球三振に仕留めた。

 4回も先頭のリアルミュートに二塁打を浴びたが、後続を封じて無失点。5回1死一、二塁の窮地も、味方の好守もあって点を与えず。6回には再びハーパーと対戦し、2打席連続の空振り三振に抑え、7回4安打無失点に封じた。

 この日も好投したダルビッシュ。2つの死球を与えたものの、与四球はゼロとなり、これで4試合連続の無四球投球となった。一方で、この4試合は9、8、9、10奪三振。カブスの公式ツイッターによると「ユウ・ダルビッシュは4試合連続先発登板で無四球。8奪三振以上と無四球を4試合連続先発登板で記録したカブスの投手は、1908年以来ではダルビッシュが初めてとなっている」と伝えた。

 また、米メディア「NBCスポーツ」のクリストファー・カムカ氏は「ユウ・ダルビッシュは7月23日に最後となる四球をマイク・ヤストレムスキーに対して出して以来、102人の打者と対戦している。カイル・ヘンドリクスが2015年6月7日~7月17日の間に記録して以降では、1四球または無四球を8試合連続先発登板で達成した最初のカブスの投手である」とレポートしていた。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」