野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「実力は持っている」ロッテのドラ5中村稔、吉井コーチも認める能力

ロッテのドラフト5位ルーキー中村稔弥投手が15日、東京ドームでの日本ハム戦(東京ドーム)で好リリーフを見せた。6回から自身3度目のリリーフ登板し、3回1安打無失点の好投で完封リレーに貢献した。

ロッテ・中村稔弥【写真:荒川祐史】
ロッテ・中村稔弥【写真:荒川祐史】

15日の日本ハム戦で6回から3イニングを無失点リリーフ

■ロッテ 6-0 日本ハム(15日・東京ドーム)

【PR】「ムチャクチャ助かります」 元阪神エースが語るDAZN(ダゾーン)活用法と提案

 ロッテのドラフト5位ルーキー中村稔弥投手が15日、東京ドームでの日本ハム戦(東京ドーム)で好リリーフを見せた。6回から自身3度目のリリーフ登板し、3回1安打無失点の好投で完封リレーに貢献した。

 5回を無失点に封じた先発・佐々木の後を受け、6回から登板した中村稔。「(佐々木)千隼さんが抑えてくれていたので、点差が離れて投げやすかった。あとは自分のボールをしっかり投げるだけ」。時折制球を乱しながらも、直球とツーシームを織り交ぜる田村のリードに導かれながら、6回、7回を3者凡退。8回に初めて走者を出し、2死一、二塁のピンチを招いたものの、2番・大田を高めの直球でピッチャーゴロに打ち取って3回を無失点に封じた。

 吉井理人投手コーチは「今日は佐々木と中村稔で最低6回、最高8回」と試合前から、この日の継投をプランニング。それに沿って「4回くらいから準備していた」というルーキー左腕は、ロングリリーフとして、最高の結果を出して見せた。

「(リリーフ陣が)みんな連投などしている中、今日は自分が投げると思っていました。ロングリリーフという立場なので、長いイニングを投げられて良かった」と、役割を果たしたことに安堵の表情を浮かべた中村稔。ロングリリーフを務める上で、大切にしていることは、投球のテンポだという。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」