野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷、「ルパン三世」に乗って代打安打! 今季最長タイ8戦連続安打で逆転劇演出

大谷、「ルパン三世」に乗って代打安打! 今季最長タイ8戦連続安打で逆転劇演出

エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地のホワイトソックス戦で10試合ぶりにベンチスタート。7回に代打で登場し、中前打を放った。8月初アーチ、18試合70打席ぶりの本塁打は飛び出さなかったが、勝負強い打撃を見せた。

代打安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
代打安打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

ホワイトソックス戦で10試合ぶりベンチスタート

■エンゼルス – Wソックス(日本時間18日・アナハイム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地のホワイトソックス戦で10試合ぶりにベンチスタート。7回に代打で登場し、中前打を放った。8月初アーチ、18試合70打席ぶりの本塁打は飛び出さなかったが、勝負強い打撃を見せた。

 2-5で迎えた7回1死一塁。3番手左腕フライから快音を飛ばした。登場曲「ルパン三世」のテーマソングに乗って、10日の敵地レッドソックス戦からの連続試合安打を8に伸ばした。

 大谷は続くフレッチャーの四球で二塁へ進むと、同満塁からのトラウトの左前打で二塁から生還した。今季42得点目を記録。さらに、同一、二塁からアップトンの左翼線適時二塁打で同点。2死満塁からグッドウィンの押し出し四球で勝ち越した。3点差をひっくり返した。

 試合前には今季10度目のブルペン入り。昨年10月初旬のトミージョン手術後、ブルペンで初めてカーブ、スライダーを投じるなど計30球を投げた。球速も85マイル(約136.8キロ)までアップ。「全体的に良かったかなと思いますね。投げ心地も良かったですし、メカニック的にも前よりも良かったかなと思います。カーブも投げ心地が良かったので、不安なく投げられるのはプラスかなと思います」と振り返っていた。

 本塁打が出ていないことについては「出て欲しいなという気持ちはありますけど、それよりもいい打席を増やしたいなという感覚の方が強い。今のは打てたな、と思うアウトをどれだけ増やせるか。それが出てくることによって、数字も残ってくると思う」と話していたが、嬉しい一打となったに違いない。

 今季成績は86試合出場し、309打数92安打の打率.298、15本塁打、50打点。代打成績は9打数4安打の打率.444、1打点とした。

(Full-Count編集部)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」