野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム西川、走って走って9連敗ストップへ牽引「仕掛けないといけない試合」

日本ハムの西川遥輝外野手が17日、本拠地楽天戦で9連敗ストップの立役者になった。

日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】
日本ハム・西川遥輝【写真:石川加奈子】

初回無死二塁で三盗を狙って相手投手のボークを誘う→清宮の犠飛で先制のホームへ

■日本ハム 6‐1 楽天(17日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムの西川遥輝外野手が17日、本拠地楽天戦で9連敗ストップの立役者になった。

 積極果敢に攻めまくった。初回に中越え二塁打を放つと、次打者大田の打席で、三盗を仕掛ける。「試合を動かすしかないと思って、走るタイミングをうかがっていました」。完璧なスタートに慌てた楽天の先発・菅原のボークの誘い、無死三塁の絶好機を演出。1死一、三塁から4番の清宮が中堅に犠飛を打ち上げて、先制した。

 ボークになったため、三盗は幻となり、「(記録上)盗塁はつかないんですか?」と苦笑いした西川。「勝ったのでいいです」と続けた言葉に充実感がにじんだ。

 第2打席以降もアグレッシブに攻めた。3回1死走者なしの場面では右前打を放ち、近藤と王柏融の適時打の呼び水になった。7回には四球を選んだ後に二盗を決めた。「仕掛けないといけない試合。行動に移していい結果になった」とうなずいた。

 栗山英樹監督は「攻撃は(西川)遥輝様様の試合。大事な時に攻撃的にいく姿が周りの選手の背中を押した」と打線を引っ張ったリードオフマンを絶賛した。その言葉を伝え聞いた西川は「でしょうね……って監督に言っておいてください」と嬉しそうに笑って球場を後にした。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」