野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日ハム、5時間15分の激闘も引き分け 栗山監督「勝ちきれなかったことを反省」

日本ハムは18日、本拠地楽天戦に4-4で引き分けた。5時間15分の激闘をものにできず、借金完済とはならなかった。

日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】
日本ハム・栗山英樹監督【写真:石川加奈子】

延長10回には4番・清宮に代打出すも…借金完済ならず「しっかりやっていきます」

■日本ハム 4-4 楽天(18日・札幌ドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 日本ハム戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 日本ハムは18日、本拠地楽天戦に4-4で引き分けた。5時間15分の激闘をものにできず、借金完済とはならなかった。

 初回に1点先制された直後に近藤健介外野手の2点適時三塁打などで3点を奪って逆転し、主導権を握った。だが、4-2で迎えた7回に4番手の堀瑞輝投手が楽天の浅村栄斗内野手に同点2ランを許した。

 その後は互いに走者を出しながら、あと一本が出ない。延長10回には先頭の近藤が楽天の左腕・高梨から左中間二塁打を放つ。栗山英樹監督は続く4番の清宮幸太郎内野手に代打の谷内亮太内野手を送り、犠打を指示。結果的に谷内が死球を受けて無死一、二塁となったが、渡辺諒内野手、王柏融外野手、石井一成内野手が3者連続三振に倒れた。

 一方、投手陣は宮西尚生投手が8回、秋吉亮投手が9回を無失点で切り抜けた後、10回から12回までの3回を村田透投手が3安打無失点と踏ん張った。

 野手15人全員を使い切った栗山英樹監督は「監督の立場としては勝ちきれなかったことをしっかり反省したい。ただ、選手たちがああやって、なんとかしようとして粘っている。残り試合、こういう風に1日を過ごすしかない」と戦う姿勢を評価した。残り31試合に向けて「あれだけ負けて、それでももう1回戦えるチャンスがある。そのチャンスに感謝しながらしっかりやっていきます」と力を込めた。

(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」