野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

通訳も衝撃デビュー!? 鷹コラスの笑い&騒然お立ち台を生んだ元広島投手

18日にヤフオクドームで行われた西武戦。逆転勝利を飾ったソフトバンクでお立ち台に上がり、ヒーローインタビューを受けたのは明石健志内野手、そして、1軍初昇格のこの日、鮮烈なデビューを果たしたキューバ人のコラス外野手だった。

ソフトバンクのコラス(左)【写真:藤浦一都】
ソフトバンクのコラス(左)【写真:藤浦一都】

コラスの加入時から通訳を務め、3年目になるゲレーロ通訳

■ソフトバンク 5-4 西武(18日・ヤフオクドーム)

【動画】「僕もあんな球を投げてみたい」 MLBの“鬼才”右腕がソフトバンク・千賀のフォークを大絶賛

 18日にヤフオクドームで行われた西武戦。逆転勝利を飾ったソフトバンクでお立ち台に上がり、ヒーローインタビューを受けたのは明石健志内野手、そして、1軍初昇格のこの日、鮮烈なデビューを果たしたキューバ人のコラス外野手だった。

 明石は7回、同点の適時二塁打を放った松田宣に続き、右翼線へ二塁打を放ち、これが逆転の適時打になった。一方のコラスは2回、プロ初打席で十亀の初球を捉えて右翼ホームランテラス席へソロ本塁打を放った。初打席で初球本塁打。プロ野球史上9人目となる偉業を果たした。

「1軍に上がって、1打席目で本塁打を打ててとても嬉しいです」。初めて4万人が見つめるお立ち台に立ったコラスはこう喜びを語った。もう1人、緊張の面持ちでコラスの隣に立ち、ファンの笑いを誘った男がいた。たどたどしい日本語で必死にコラスの言葉を訳す、通訳のウィルフィレーセル・ゲレーロさんだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」