野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

圧巻6連続奪三振 鷹を支える高橋純平と甲斐野央の2人のドラ1右腕

18日、本拠地ヤフオクドームで行われた西武戦で逆転勝利を収めたソフトバンク。先制しながら、一度は逆転を許したが、終盤に再度、試合をひっくり返して、このカードの勝敗を1勝1敗に戻した。再び、2位西武との差は5ゲーム差に拡大した。

ソフトバンク・甲斐野央(左)、高橋純平【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・甲斐野央(左)、高橋純平【写真:藤浦一都】

18日の西武戦では甲斐野→高橋純のリレーで6回、7回を6連続三振に

■ソフトバンク 5-4 西武(18日・ヤフオクドーム)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 18日、本拠地ヤフオクドームで行われた西武戦で逆転勝利を収めたソフトバンク。先制しながら、一度は逆転を許したが、終盤に再度、試合をひっくり返して、このカードの勝敗を1勝1敗に戻した。再び、2位西武との差は5ゲーム差に拡大した。

 試合をひっくり返したのは7回だった。1死からグラシアルが死球で出塁すると、ホークスベンチは迷うことなく代走・周東を送った。西武バッテリーの警戒をかいくぐって周東が盗塁を決めると、松田宣が左翼線への適時二塁打。さらに明石が右翼線への適時二塁打を放って逆転に成功した。

 松田宣、明石の連続適時二塁打での逆転劇。その流れを呼び込み、お膳立てしたのが、甲斐野央投手、高橋純平投手の2人のドラ1右腕だった。

 まず、マウンドに上がったのは甲斐野。1点ビハインドの6回、4番手としてマウンドに上がると、木村、永江、秋山を3者連続空振り三振に仕留めた。これに続いたのが高橋純。金子侑、森、中村をこちらも3者連続の空振り三振に仕留めた。圧巻の6連続空振り三振。これが完全に西武の流れを止めた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」