野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武、逆転勝ちで鷹のマジック点灯阻止 辻監督は選手労う「よく頑張った」

西武が20日の日本ハム戦(メットライフ)で逆転勝ち。敗れれば首位・ソフトバンクにマジック24が点灯する可能性があったが、1点を追う5回に秋山の右前適時打が飛び出し、意地を見せた。指揮官は「非常に大事な試合だった。よく頑張った」と大阪からの移動ゲームを戦ったナインを労った。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

6勝目のニールを絶賛「ゴロアウトも多く、素晴らしかった」

■西武 4-2 日本ハム(20日・メットライフ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 西武が20日の日本ハム戦(メットライフ)で逆転勝ち。敗れれば首位・ソフトバンクにマジック24が点灯する可能性があったが、1点を追う5回に秋山の右前適時打が飛び出し、意地を見せた。指揮官は「非常に大事な試合だった。よく頑張った」と大阪からの移動ゲームを戦ったナインを労った。

 先発のニールが初回、西川に先頭打者弾を許したがその後は打たせて取る投球で日本ハム打線を封じた。4回に無死一、二塁のピンチを背負ったが、4番・清宮から続く好打順を断ち切り、追加点を与えずに6回まで3安打1失点と完璧な投球で7勝目を挙げた。指揮官は「悪いカウントからでも、(相手の)打ち気なところでいいボールが行っていた。ゴロアウトも多く、素晴らしかった」とニールの安定した投球を絶賛した。

 打っては秋山が5回1死満塁から右前に抜ける適時打を放ち逆転に成功した。6回には山川の1死二塁から中前に落ちる適時打で1点を追加。8回にも木村の左前適時打で1点を追加し、接戦をものにした。

(安藤かなみ / Kanami Ando)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」