野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大がPO“開幕投手”に最適!? NYメディアが猛プッシュ「信頼できる男」

田中将大がPO“開幕投手”に最適!? NYメディアが猛プッシュ「信頼できる男」

ヤンキースの田中将大投手は22日(日本時間23日)、敵地アスレチックス戦で今季26度目の先発マウンドに上がる。現在9勝6敗と日本人初の6年連続2桁勝利に王手をかけているが、大量失点を喫した試合もあり防御率は4.56。決して満足できる数字ではない。それでも、大舞台で絶大な強さを発揮してきた過去の“実績”から、米メディアは田中をポストシーズンの“開幕投手”にすべきだと猛プッシュしている。

ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】
ヤンキース・田中将大【写真:Getty Images】

今季防御率は4.56も…「タナカが第1戦の先発のマウンドに立つと思います」

 ヤンキースの田中将大投手は22日(日本時間23日)、敵地アスレチックス戦で今季26度目の先発マウンドに上がる。現在9勝6敗と日本人初の6年連続2桁勝利に王手をかけているが、大量失点を喫した試合もあり防御率は4.56。決して満足できる数字ではない。それでも、大舞台で絶大な強さを発揮してきた過去の“実績”から、米メディアは田中をポストシーズンの“開幕投手”にすべきだと猛プッシュしている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ヤンキースの試合を中継する地元テレビ局「YESネットワーク」では、「The Michael Kay Show」という番組の映像を公開。その中で、地元紙「ニューズデイ」の元記者でESPNのラジオ番組ホストを務めるアラン・ハーン氏とラジオ番組「ローゼンバーグ・ラジオ」の司会者ピーター・ローゼンバーグがプレーオフ初戦の先発マウンドを誰に託すかについて討論している。ヤンキースは現在、2位レイズに9ゲーム差をつけてア・リーグ東地区首位を独走しており、3年連続のプレーオフ進出、7年ぶりの地区制覇はほぼ確実な状況となっている。

 2009年以来の世界一へ、注目はすでにプレーオフに向いており、ハーン氏は「私にとってのNO.1(の選択肢)はタナカです。ヘルマンは経験不足ですし、彼ら(ヤンキース)は彼の投球回数を管理しようしています。私の意見では、タナカが第1戦の先発のマウンドに立つと思います」と話した。今季ブレークし、チームトップの16勝を上げている右腕ヘルマンではなく、田中が“開幕投手”にふさわしいというのだ。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」