野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ、完封リレーで今季ホークス戦勝ち越し決める! 鷹千賀が力投もM点灯はお預け

ロッテは23日、本拠地でのソフトバンク戦を3-0で勝利し連敗を2でストップした。2回にレアードの犠飛で先制すると8回には井上の21号2ランで試合を決めた。

ロッテのマイク・ボルシンガー【写真:荒川祐史】
ロッテのマイク・ボルシンガー【写真:荒川祐史】

2回にレアードの犠飛で先制、8回には井上の21号2ランでリード広げる

■ロッテ 3-0 ソフトバンク(23日・ZOZOマリン)

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ロッテは23日、本拠地でのソフトバンク戦を3-0で勝利し連敗を2でストップした。2回にレアードの犠飛で先制すると8回には井上の21号2ランで試合を決めた。

 ロッテは2回に角中、中村奨、井上の3連打で無死満塁の好機を作るとレアードの中犠飛で先制に成功。その後は両チーム無得点が続いたが8回に1死二塁から井上が右翼席へ21号2ランを放ちリードを広げた。

 投げては先発のボルシンガーが7回3安打無失点の好投で4勝目を挙げた。これで今季はソフトバンク相手に13勝6敗で勝ち越しを決めた。ホークスはは先発の千賀が7回1/3、6安打3失点の力投を見せたが打線の援護なく6敗目を喫した。

(Full-Count編集部)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」