野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 西武、甲子園V右腕がプロで経験した重圧 「甲子園で優勝したら大変ですよ」

西武、甲子園V右腕がプロで経験した重圧 「甲子園で優勝したら大変ですよ」

今夏の甲子園では履正社が春夏通じ初の優勝を飾った。NPB入りを果たした選手は、プロの世界で結果を残すことができないと「甲子園制覇」という輝かしい過去が、プレッシャーになってしまうこともある。「甲子園で優勝したら大変ですよ」。そう話すのは、前橋育英高2年時にエースとして甲子園制覇を成し遂げた西武の高橋光成投手だ。

西武・高橋光成【写真:荒川祐史】
西武・高橋光成【写真:荒川祐史】

2014年のドラフト1位で西武に入団した高橋光成は高校2年の夏の甲子園で優勝投手に

 今夏の甲子園では履正社が春夏通じ初の優勝を飾った。NPB入りを果たした選手は、プロの世界で結果を残すことができないと「甲子園制覇」という輝かしい過去が、プレッシャーになってしまうこともある。「甲子園で優勝したら大変ですよ」。そう話すのは、前橋育英高2年時にエースとして甲子園制覇を成し遂げた西武の高橋光成投手だ。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 高橋光は群馬・前橋育英高2年時に夏の甲子園に出場。初戦の山口・岩国商戦では9者連続三振をマークして完封勝利を挙げるなど快投を続け、全6試合中5試合完投、50回を投げ自責点2、防御率0.36と圧倒的な投球でチームを初出場初優勝に導き、一躍甲子園のスターになった。

 3年時は甲子園に出場することは叶わなかったが、14年のドラフト1位で西武に入団、未来のエース候補と期待された。しかし肩の怪我に苦しみ、17年は1軍での登板は7試合、18年はわずか3試合に留まった。

「結果が出ないことで『高校がピークだったな』とずっと言われていました。それが悔しかった。プロでも結果を残して『高校がピークじゃなかった』と言わせるように頑張ってきました。もちろん嬉しかったですけど、甲子園で優勝したら大変ですよ」

 ファームで汗を流す日々に、悔しい思いを募らせていた。「肩も全然治らないし、2軍ではけっこう荒れてました。あんまり言えないですけど…」。そう言って苦笑いを見せた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」